オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

GentWOC No-Qung 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権での予選12位までの選手どうしによる⑥f4以下F6g5のノーカン定石は、決勝トーナメントの3局を加えて9局ありました。
ただしノーカンからE6d7E3c5F3e7B6g4という「最善進行」のボンド定石(下の盤面)は一つも登場しません。
11.E6が3局、11.E3が3局、11.C6が2局、11.F3が1局です。
11回戦 ベルク 27-37 末國誠 E6c5F3g3E3b4B6b5G4c2H4d2C7
13回戦 ニッキー 28-36 末國誠 E6c5F3b5E3g4H4h5H6g3G6e7B4
準決1ベルク 39-25末國誠 E6f7D7c5G3b5E3g4B3c7F3d8C8
08回戦 高梨悠 33-31キュピァル E3f3G4h3E6g3G6f7H5h4H2h6H7
10回戦 高梨悠 26-38ベルク  E3f3G4h3E6g3G6f7H5h4H2c5H6
13回戦 ベルク 46-18 岡本一 E3上f3G4e2D2h3F1g3H6g6E6f7F2
準決2末國誠 50-14 ベルク C6e3D7d8E2d2E1c1C2b6G6f3H5
準決3末國誠 31-33 ベルク C6e3D7b4C5b5D2e6F2b6E7g6G3
13回戦 フェルドボグ 26-38 キュピァル F3e3E6c5G4b5G6e7E2c2D2d1B4

スポンサーサイト
2009/12/08 18:10 | [虎系]ノーカン

Gent予選13回戦末國vsNicky 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選13回戦黒末國誠九段対白ニッキー 。⑥f4以下F6g5のノーカンに9.E6(黒鳥)以下d7E3c5F3e7B6g4の「最善進行」ならボンド定石。⑩c5以下F3b5に13.E3はB4と極微差の変化。⑭g4以下H4h5H6g3G6e7に21.B4はd8と極微差。22.F7以下a6F2d2E2h3A3b2と多分両者経験済みの進行でしょう。31.B6はD1よりかなり損。32.c6にD1,e1のWLDを経て、35.F1c2に、37.A1は敗着で、D7に打てば引分けとゼブラ。38.a2以下は手順と石損のみ示します。D7a5A4(2石損)c7B8(2石損)c8D8f8B7a8A7e8G7g8B1c1h8H7h2G2g1H1。8石差の負けですが、末國誠九段の決勝トーナメント進出は対戦前に決まっていました。

2009/12/07 22:00 | [虎系]ノーカン

Gent予選13回戦岡本君決勝T進出を逃す 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選13回戦黒マシアス・ベルク対白岡本一樹君 。⑥f4以下F6g5のノーカンにE3も再三登場しました。⑩f3以下G4にe2はh3と極微差の変化。13.D2以下h3に15.F1はE6よりやや損。⑯g3以下H6g6E6に⑳f7はc5に極微差の損。21.F2はC7に極微差の損。22.c5に23.H4はC7に比べてかなりの損。24.e7以下C7h5H2に28.c1もc6よりやや損。29.E1はC6に比べてかなり損。30.d7もc6よりやや損。31.H7以下b4に33.A4はF8に、34.d1はg2に、35.C2もD8に打てば勝つというゼブラ。36.g1,37.B5の次38.a6はg7で引分け、39.B3はB6で2石勝だそうです。40.b6,41.C8の後、42.b1はd8なら引分け、43.D8はE8なら2石勝、44.e8はa5なら4石勝とのこと。45.A5以下は手順と石損のみ示します。46.c6(12石損)B7g7(4石損)A7g2(8石損)H1a2F8h8G8b8A1B2A3A8。惜しくも岡本君決勝トーナメント進出を逃しました。

2009/12/06 21:17 | [虎系]ノーカン

Gent予選11回戦黒ベルク対末國ノーカン 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選8回戦黒M.ベルク対白末國九段 。⑥f4以下F6g5E6(黒鳥)に⑩c5はd7やf7に比べて極微差の損を承知での変化。11.F3に⑫g3はb5よりやや損。13.E3以下b4B6b5G4c2に19.H4H3よりやや損。⑳d2もe7よりかなり損。21.C7以下は手順と石損のみ示します。e7E8h5H3d7G6h2C1e1A4b3C8b7B1(6石損)f2E2(2石損)f1C6g2D1a1(4石損)A3(6石損)a2(2石損)B2a5(2石損)A8h6(2石損)F7b8H1g1H7d8G7h8G8f8A7a6。ベルク選手は準決勝の対末國九段第1局をこの9.E6黒鳥の次⑩c5をf7に変えて勝ち、2,3局はノーカンから9.C6の形を打ち合って白が勝ちました。 ノーカンをめぐる変化の応酬はGentWOCの見所でしょう。

2009/12/05 19:38 | [虎系]ノーカン

Gent予選10回戦では黒高梨がベルクのノーカンに敗北 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権準決勝10回戦黒高梨君対白M.ベルク 。8回戦でもキュピアル(白)のノーカンに対して、この対局の19.H2まで同じに打った高梨君の黒に、ベルクはキュピアルのh6「最善」に極微差の⑳c5と変えて打ちました。21.H6に22.e7以下E2d2の後、25.C1はe1よりやや損。26.f1もb4やf2に僅差の損。27.D1の次c2の時29.B1はB3やB6よりやや損。白の長方形は珍しいけれど、ここまで両者ほぼ互角。23.A6はC7に比べてかなりの損。30.g2の勝負手に31.B3はD7やB5,B6,C7などに比べてかなりの損。32.e1にB4a1のWLDを経て35.B6以下b2C6d7C7に40.g7もa2に比べ10石損で差は4石と急接近。しかし41.H1がC8より4石損でした。42.a2に43.b5とA3より2石損。44.a3に45.A4の後、46.a5と48.f8で計4石損の白に対し、47.D8は6石という決定的な損で、以下49.A6以下a7H8h7B7f2G1a8B8c8E8g8と終局まで最善でした。

2009/12/02 21:52 | [虎系]ノーカン
定石分類
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。