オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

フライ返しのゼロ進行もっと 

牛系 牛素 牛から りんご定石

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥d6=りんご以下G4d3C3h3C4g3g3で「フライ返し」定石。
11.G5以下とC6以下の二つの「ゼロ進行」のほかに11.E7の極微差進行もあります。
昨日に引き続き11.C6以下を見ましょう。
C6c5G5f3D7b4B3e2A4b5E7f7H4h6H5g6D2d8F8c1G8c7(c2も僅差)A6c8B6c2以下を昨日挙げましたが、このc2で、e8もありました。
38.e8以下B8c2F1d1B2(F2,G2もある)a1E1f2G2(G1もある)g1B1a2A3a5B7a8A7h8H1h2G7h7(G7H1h2H7)で引分け。こちらの進行も「最善」の分岐が多いようです。

スポンサーサイト

フライ返しの11.C6ゼロ分岐 

牛系 牛素 牛から りんご定石

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥d6=りんご以下G4d3C3h3C4g3g3で「フライ返し」定石。11.G5以下とC6以下の二つの「ゼロ進行」のほかに11.E7の極微差進行もあります。ここでは11.C6以下を見ましょう。C6c5G5f3D7b4B3e2A4b5E7f7H4h6H5g6D2d8F8c1G8c7(c2も僅差)A6c8B6c2で、次F1,G7のどちらも「ゼロ進行」。F1なら40.d1でもe8でも「ゼロ進行」。d1なら41.F2かG7。F2ならe8G7。そこで44.a3,a5,h8のどれか。a3ならE1の次46.g1かa5。g1ならG2で次h1かa5。a5ならA2h1H2b2A7h8で次A1かH7。H7ならb7で次A1b1B8a8でもB8a8A1b1でも引分け。こんなに「最善」の分岐がおびただしいのです。
裏コウモリのように「最善」なら一本道という定石はむしろ少ないのでしょうね。 <--*好きなコメントここまで *-->

牛系 大量取り=「チムニー」から「フライ返し」へ 


牛定石=F5f6E6d6C5またはF5f6E6f4E3の「大量取り」に、
「Chimney=集合煙突」と早々に名付けたのは米オセロ連盟季刊誌「Othello Quartery」でした。ここでは北牛(④f4のほう)で絵解きしましょう。
この名前は英語なら2音節ですが日本語では長いので、2005年頃「りんご」と命名しました。勿論まだ普及しているとは言えません。F5f6E6f4E3d6=チムニーorりんごに一番打たれているのが7.G4で、 以下⑧からd3C3h3C4g3となった形が「フライ返し」、この命名も最近です。
13.からC6も最善ですが、G5以下を見ましょう。⑭g6で黒は壁を破る手、C7もC6も僅差の好手ですが、 15.E7が最善。以下d7H5f3H4h6と進み、双方互角です。
13.C6にはc5G5f3D7h4でほぼ互角ですが、僅差も僅差白ほんの少し有利です。

定石分類
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。