オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

ヨット避けには、黒いナチュラルも 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥c5以下C4d3に、9.F3も「僅差」の好手です。F3以下h5B5d7(黒がナチュラル記号に)G4h3E7e2C8d2までが「book」で、23.C2以下b3F1d6C6b4D1a6G3h4F7c1A5a4G1と進行した後、38.e1またはc7で引分けです。38.e1以下なら例えばB1c7B6a7A3a2B8g2H1h2G7g8H6d8E8h8B2a1B7a8F8h7といった手順で引分け。引分けに至る手順の分岐は非常に多いようです。

スポンサーサイト
2009/06/23 22:45 | [牛系]北の例

ヨット避けの終盤引分け手順分岐の多さ 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥c5以下C4にd3と打つのは「次善」の僅差進行でも、9.F3以下e2G4g5F2h4H6g3F7b4C2h5C3d6H3f1D1e1D2e7E8f8G8までが長い「book」で、32.d7以下G2c1G6g7C6d8C8c7B8h1と進行した後、43.B6以下b5A5a4A3a6A7b3A2h2G1b2A1b1H8h7B7a8で引分けです。43.B6の代わりにG1でも引分けで、その手順はG1h2B6h7と進んだ後、47.B2なら48.b3,b5,a6のどれかで引分け、47.H8ならb7B5(またはA6)a6B2b3A2a3A1(またはA8)b1A8a7A5a4で引分けです。

2009/06/22 21:56 | [牛系]北の例

ヨット避けの引分け 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥c5以下C4にd3と打つのは「次善」の僅差進行でも、9.F3以下e2G4g5F2h4H6g3F7b4C2h5C3d6H3f1D1e1D2e7E8f8G8までが長い「book」で、32.d7以下G2c1G6g7C6d8C8c7B8h1と進行した後、43.B6以下b5A5a4A3a6A7b3A2h2G1b2A1b1H8h7B7a8で引分けです。43.B6の代わりにG1でも引分けですが、その手順は明日に。

2009/06/21 20:59 | [牛系]北の例

牛系 牛北定石の数例 


牛系牛北素牛北定石=F5f6E6f4E3(④f4がd6ならC5で牛南定石)。⑥c5をd6も有名な定石で、c5への命名は国内外とも特にありません。牛定石の継続扱いですね。⑥d6なら大量取り,Chimney,りんごなどと呼ばれます。⑥d3なら、長谷川五郎さんが「石橋流」と名付けました(「オセロの勝ち方」p.52)。石橋は人名ではなく「石橋をたたいて渡る」ような慎重な手という意味です。⑥d7とともにマイナーな手ですが悪手とは言えません。⑥d3からF3d2orc5で、白やや石損ですが、黒が応手を誤ればすぐ互角になります。7.C6をC4なら⑥c5とともにGatrif ListはRose-v-Tothと呼びますが、-v-Tothの意味が私には不明です。7.C6も未命名。7.C6をG5なら有名なBat=コウモリ定石です。⑧d6はLandau(往年の米代表で世界4位)と人名で呼ばれます。カタカナ表記だとランドーでしょう。7.C6をG6やG4でも悪手とは言えません。⑧d6をd3も名前はないけれどもいい手です。9.E7自然。⑩f7をd7,f3も良く、b6,c7,d3だって悪くないわけですから、オセロは広く深いですね。11.C3とg4が僅差。⑫f3とc7が僅差。13.D3にはC4が極微差。⑭c8にはc4,d8,e8,d3皆僅差。15.C5さえもD8と僅差。 ⑯以下は最善とされている手順だけ示します。 c7G6c8D3g4 G5g3以上22手まで。

2008/03/15 19:22 | [牛系]北の例
定石分類
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。