オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

闘牛に野イチゴで来たキュピアル 

牛系北牛素闘牛定石=F5f6E6f4G5。Gent予選9回戦黒滝沢九段33-31白キュピアル。⑥e7に7.F7はE3の「裏コウモリ」より僅かに損でもよく打たれます。⑧d6の「野イチゴ」に9.D8もC5,D7,F3,C3のどれにも僅差で劣るとされている趣向。⑩h6にC6g6とキュピアルの応手は正確。13.H4はC4に極微差。⑭g4はh5H7f8という進行よりやや損。15.H3以下f8E3に⑱f3はc7に極微差。19.G3もH5に極微差。⑳e8から21.D7に22.c8もf2に極微差。23.H5からh2C5に26.c3はd2よりやや損。27.C4に28.f2もd2より僅かながら損。29.G8はE2よりやや損でも有利と見た勝負手。30.h8はd2よりやや損。31.H7以下g7に33.G1はH1が得か同様か不明。G1,b6の2手はWLD。35.B5は6石勝ちだがH1なら8石差。36.a5がe2より2石損。C2b7の次の39.C7がH1よりも10石損という、負ければ敗着。40.e2やd2,d3は皆4石損でb8なら白2石勝とはおそろしい。41.A8もD3に2石、42.b8もg2またはa6に4石劣るとのこと。43.H1から44.g2で、45.D1の2石損にもかかわらず黒の負けはなし。以下d2C1d3B4b3A6a7A3b1A4a2F1b2A1e1と双方最善。

スポンサーサイト
2009/12/20 20:15 | [牛系]闘牛定石

バルレを闘牛の乱戦で制してベルク決勝トーナメントへ 

牛系北牛素闘牛石=F5f6E6f4G5。Gent2009WOC予選全13回戦を終えて4位と5位が決勝トーナメント出場を賭けてプレーオフ。黒Mベルク(ドイツ代表)vs白S.バルレ(フランス代表)。⑥g6はd6やe7よりやや損でも闘牛定石の有力な一つ。7.G3がまたG4よりやや、E7よりかなり損な変化。ベルクは白を未知の形に誘おうとしています。⑧f3はH5よりやや損。9.G4に⑩h6がH3よりやや損。11.H5に⑫h3はh4よりやや損。13.H7に⑭c6もe7よろやや損。15.E3はD3よりかなり損で僅差。⑯f2はD3よりやや損。17.C5に⑱d7はc4よりやや損。19.D2はD6よりかなり損。⑳d6以下C4b5に23.A5はゼブラ曰く何とg7が良いと。しかし僅差。24.e2はb4やh4に比べてやや損。25.D3以下h4H2に28.c1はb6と極微差。29.C7はE7よりやや損。30.c3もb5よりやや損。31.D1はC2よりかなり損。32.e1もb3よりかなり損。33.B3以下b6E8に36.d8はc8よりやや損。37.C8もE7よりやや損。38.e7,39.A6に40. .b2は同じX打ちでもG7よりかなり損。41.F7もF1やC2よりかなり損で、42.f8をg7に打たれていたら黒負けだったかも知れません。43.G8以下c2G2a3F1a7B7a4の進行で白はc2,a3,a7,a4すべてやや損。黒は49.B7だけが2石損で、他は最善でした。51.B4以下g7B8g1H1A2a1B1H8とa1の大損はありましたが、それ以外は双方最善でした。 。

2009/11/25 23:25 | [牛系]闘牛定石

GentWOC予選8回戦黒キュピアルvs滝沢野イチゴ 

牛系北牛素闘牛石=F5f6E6f4G5。Gent2009WOC予選9回戦黒キュピアルvs白滝沢雅樹九段。⑥e7に7.F7はE3(裏コウモリ)に比べてやや損ですが承知の上でしょう。⑧d6で「野イチゴ」。9.D8はC5に比べて極微差の変化。D7もF3もC3も僅差とのこと。⑩h6以下C6g6に13.H4はC4と極微差。⑭g4はH5やC7に僅差。15.H3以下f8E3に続いて18.f3はc7やf3に比べてやや損。そのf3までがbook。19.G3もH5に比べてやや損。20.e8以下D7(ここまでbook)c8H5h2C5の後26.c3がd2に比べてかなり損。27.C4にf2がd2より極微差の損。29.G8は簡明ですがE2のほうがよかった。30.h8はまだd2でよい。31.H7からg7G1(H1も可)b6(この2手WLD)に続いて35.B5,36.a5は、ともに2石損。37.C2,38.b7の後がH1を打つチャンスで8石勝だったはずのところ、39.C7が10石もの大損。ここで白はb8と打つべきところ40.e2。41.A8も分着、42.b8も敗着で、それぞれA8,b8が正解だったそうです。43H1以下g2の後45.D1も2石損ですが勝敗には関せず、46.d2以下終局まで双方最善でした。

2009/11/18 16:17 | [牛系]闘牛定石

闘牛>野イチゴ>レッカー車 

牛系北牛素闘牛定石=F5f6E6f4G5。⑥e7にF7と「次善」の僅差進行を選べば、白はh5も好手ですが、⑧d6と打って「野いちご」定石。
9.C5(レッカー車)以下g6C7e8D3c3F3e3H6までが「book」で、⑱c4以下C6d7D8f8G4g3G8といった進行は、やや白有利ながら僅差です。

2009/05/29 20:57 | [牛系]闘牛定石

裏リンゴ>スポーツカーの「最善」 

牛系北牛素闘牛定石=F5f6E6f4G5。⑥d6=りんご以下E7(E3も同値で、昨日の記事に)にはg6もその鏡像のf7も同型同値ですからg6についてだけ述べます。g6C5で「スポーツカー」定石。
⑩c4F7f8D3c7。この⑭c7の代わりに極微差のc3やb5もあります。15.C3e8と進んだところで17.F3はD7も同値。F3以下h6D7e3F2c6C8e2G3h3E1c2に29.G2がD2に僅差で勝るX打ち。
白はh1をすぐには狙わず30.b6以下D8b8B5d2A6b3D1b4C1a4A5にb2のX打ち。43.H5h4にまたもやG7のX打ち。ここで白はa3,g4,b7のどれでも「最善」。今日はa3からの手順を追います。46.a3以下G8b7A8g4A7b1A1a2H7g1H1h8H2f1で引分けです。46.g4については明日、46.b7については明後日、17.D7はそれ以後に回します。

2009/04/28 14:24 | [牛系]闘牛定石
定石分類
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。