オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2008 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

絵はイルカで代用のバッファローGent予選 

牛系北牛素猛牛定石=F5f6E6f4C3。Gent予選6回戦黒ボラッシ32-32白ベルク。⑥d6はd7よりやや損でもよく打たれます。7.F3にc5はc4に僅差で劣るとされていても互角。9.G4に⑩h3もg3に極微差。11.H5がC6に比べ大損でした。ボラッシがC6と打てば普通ということを知らないはずもなく、うっかりの可能性もあります。しかし断言はできません。白ベルクは⑫g3以下C6c4D7e7B5e3C7d8F8e8C8h4B3まで10石前後の優位を維持します。 しかし互いに未知の大海を行く進行だったでしょう。26.b4はh6に比べてかなりの損でしたが、白まだややリード。27.G6をD3なら接戦でしたが黒逸機。28.a6に29.A4はf7も僅差の好手だったようです。30.a5もc2やd2にかなり劣るとはいえ、まだ白極微差のリード。31.A7以下a2C2b6D3の後、36.c1はd2の4石勝を逃した手で、37.D2以外のこの後の38.d1以下H2g7H8が、どれも皆勝敗に関わる疑問手だったらしいです。38.d1はg5なら引分け、39.H2はF7なら4石勝、40.g7もh7なら4石勝、41.H8はG5なら2石勝とはおそろしい。42.g5,43.F7の次44.h6もh7なら引分け。45H7,46.g2に続いてH1g8B7の3手も黒はE2での2石勝を逃し、白はf2での4石勝を逃したそうです。50.e2以下¥F2g1E1f1B1b2A1a3a8B8の最終盤11手は双方最善でした。昨年優勝のボラッシと3位ベルクのこの大接戦は、序盤白が大きくリードを保っただけに驚きでした。

スポンサーサイト
2009/12/17 21:16 | [牛系]猛牛定石

牛系 ショッテバッファロー 


牛系北牛素猛牛定石=F5f6E6f4C3(④f4の代わりにd6でもC3で猛牛定石)。
⑥e7に名前がついていないのは妙ないい手。ベルギーのTom Schotte選手がWOC'04,'05,'06,'07年と好んで打って勝率も高い手です。7.F3自然。⑧f2はd3,e3もいい。'07年の対Feldborg戦ではe3に打ち、G5g4H4と相手がやや強引な序盤でした。同じく対Gardebrink戦では⑧f2,9.G5,⑩d6でした。'06年の対Oh Joung-Mok戦ではf2G4g3G5h3以下の進行で接戦を落としましたが、相手が猛牛なら⑥e7に決めて打つようです。
9.G4はG5に僅差の次善ですが、G5には⑩d6以下E8c6C4g6C5d7といったほぼ互角の進行が想定されます。G4には⑩g3以下G5h3G6h4D7でやはり互角。⑥にはe7ショッテバッファローと名づけたい気がします。

2008/04/05 23:57 | [牛系]猛牛定石

バッファロー定石で韓国の李選手が決勝へ 


牛系北牛素猛牛定石=F5f6E6f4C3(④f4の代わりにd6ならC3で南牛素猛牛定石)。'05年世界選手権準決勝黒Lee対白宮岡戦
画像が「イルカ」になっている通り、イルカ定石とも呼ばれます。 ⑥c4はd7,d6,e7も皆良く、c6も悪くはありません。7.D3自然。⑧c6はd6もあり、9.E3はG5,G3に次いで極微差のいい手です。⑩f3自然。11.D6はB4に極微差の好手。⑫c5も13.B5も自然。⑭b4はe2,f2,f7に極微差。ここはいろいろあるところで、c7も悪くはない。15.D7がいい手でB4にやや勝ります。⑯d8はf2,a6に僅差の好手。他にe2もいい。17.B6にA5も僅差。⑱c7も、19.A5も、⑳e7も、21.G3も自然。22.a3はa6に僅差の好手。23.G4はB3やA4に勝るいい手。24.a7は両対局者通じて初の疑問手ですが、a4,h4,d2に比べても大きな損はしていません。25.B3はG5もいい。26.d2は壁を破るならこう打つべしという見本。27.G5はかなり損で、G6,C2,E2,C1,E1の方が良かったという問題の手ですが、まだ極微差の白有利に過ぎません。28.a4がいい時機。29.A2と取る一手です。30.g6はc2の方が良かったとはいえ、まだ黒僅差のリード。

2008/04/04 22:47 | [牛系]猛牛定石

牛系 猛牛定石のいろいろ 


牛系猛牛定石=F5f6E6f4C3(④f4の代わりにd6でもC3で猛牛定石)。
猛牛=Buffaloは'80年代から丸岡世界チャンピオンがよく打ちました。
猛牛との見立て跳ね上げた後脚がC3で、描くのは至難です。
ここでは「イルカ定石」という比較的新しい名前でご紹介しましょう。
カタカナ6文字は長過ぎですが、バッファローの名はすっかり定着し、
これを押しのけるようなことは無理ですが。
⑥d7を丸岡バッファロー、⑥d6を谷田バッファロー、
⑥c4を北陸バッファローと呼ぶのは'90年代に既に国際化しました。
⑥e7の名前がまだないのは、前の3つと僅差なのに不自然です。
どなたか⑥e7で勝ちまくって、ご自分の名を付けてはいかが?

2008/03/21 22:57 | [牛系]猛牛定石
定石分類
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。