オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2008 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 02
月別アーカイブ  [ 2009年01月 ] 
≪前月 |  2009年01月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

虎定石には「まこ虎」もある 

F5d6C3d3C4f4C5b5まこ虎B4b3C2鳩(41) e3A3c6A4f3E6a5A6b6カーリング

F5d6C3d3C4虎定石。⑥f4以下C5に⑧b5と打つのが末國誠九段の愛称「まこ」に由来する「まこ虎」です。9.B4に⑩b3と「中辺の横取り」をするのが良い手です。11.C2までで「鳩」の姿に見えるでしょう。オセロ定石に登場する「チキン=鶏」に匹敵する好手です。⑫e3以下A3c6A4f3E6a5A6b6と進んだ形はカーリング競技のストーンに少し似ていますが、もっと良い見立てはないものでしょうか?

 B C D E F
2+●+++
3○●●++
4○●●●○
5○●●●●
6++○++

  A B C D E F
2++○+++
3●●○○○○
4●○●●○○
5●○○●●●
6●○○○●+

スポンサーサイト
2009/01/31 17:19 | [虎系]まこ虎

クラゲ定石の美しい七角形 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下C5b3C2e3D2b6のクラゲからB4e6C6b5で、線対称の七角形になります。

 B C D E F
2+●●++
3○●●○+
4○●○○○
5○○○○●
6○●○○+


2009/01/30 23:39 | [虎系]酉定石とクラゲ

兎>ローズ>手塚>白長方形>スナフキン 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7ローズ>11.E7手塚>⑫c7C4f3黒W字。
15. D8以下c8B8e2F1e8F8f7B5白長方形。
24.c2以下G5g4G8h6G3b4A3a6B6a5B3e1F2c3C1d2H3h5D1と進んで、 「ムーミン」のスナフキンのような帽子。
41手までという長い手順ですが、23手までの白い縦長四角は全体が高射砲のようでもあります。

 A B C D E F G H
1++●●●●++
2++●●○●++
3●●○●○○●●
4+○●●○○○+
5○○●●○●○○
6○●●●●●+○
7++●●●●++
8+●●●●●●+

2009/01/28 17:52 | [兎系]ローズ定石

虎、ノーカンからボンドでなく欠け本塁へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンから、E6に対してd7とボンド定石に向かわず⑩f7と打つのも好手です。
11.D7以下c6G3e3E2c5F3f2G4d2C2e7G6e8となった姿はホームベースの一部(G2)が欠けた形です。
F5d6C3d3C4f4F6g5E6f7ノンボンドD7c6G3e3E2c5F3f2G4d2C2e7G6e8欠け本塁

 C D E F G
2●○○○+
3●●○●●
4●○●●●
5○○○●●
6○○○○●
7+○○○+
8++○++

2009/01/27 20:37 | [虎系]ノーカン

虎>ノーカン>ボンド>一塁線バント 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンから、9.E6以下d7E3c5F3e7まででボンド。
接着剤のボンドのCMキャラクターが黒い帽子をかぶっている姿に由来するようです。
15.B6に⑯b5はg4もあって、それは明日紹介します。
17.C6以下b4C7b3D8となった姿はホームベースの一塁線にバントした白球(g5の白石)。

 B C D E F G
3○●●●●+
4○○●●●+
5○○○●●○
6●●●○○+
7+●●○++
8++●+++

2009/01/26 22:06 | [虎系]ノーカン

Hero虎からの見立てを「やかん」に 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下C5b3C2d1で旧名「へろ虎」ですがHeroと書き換え、ヒーローのイメージを描こうと苦闘してきたことは既にお示ししました。星座の「オリオン」と見るのが苦しいので11.A3以下c6B4e3B5f3E6までを「やかん」と見ることもできます。

 A B C D E F
1+++○++
2++○+++
3●●○○○○
4+●●○○○
5+●●●●●
6++○○●+

2009/01/25 19:22 | [虎系]虎定石

白不利なはずの河馬定石の「最善」 

猫系河馬素(=F5d6C4f4)河馬定石=F5d6Cf4C5。⑥d3以下E6f6E7c7C6c3B6f7D2e3B5e8D8d7F8a3C2a4A5と双方「最善」で線対称の七角形がB2のところだけ欠けた形になります。不思議なことに途中互角というゼブラの解析です。以下引き分けになる手順までは確かめていませんが、ぜひクリックでお楽しみ下さい。

2009/01/23 22:11 | [猫系]カバ定石

虎>旧名へろ虎>オリオン座 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下C5b3C2d1で旧名「へろ虎」ですがHeroと書き換え、ヒーローのイメージを描こうと苦闘してきました。A3c6B4e3B5までで、または続いてf3E6b6で星座のオリオンに見たいのですが、ベルトの位置に三ツ星とまでは難しいです。下半身の軽快さは上図ですね。  A B C D E F
1+++○++
2++○+++
3●●○○○+
4+●●○●○
5+●●●●●
6++○○++

 A B C D E F
1+++○++
2++○+++
3●●○○○○
4+●●○○○
5+●○●●●
6+○○○●+

2009/01/22 21:20 | [虎系]虎定石

虎>たまプラフラット>サンドイッチの白水晶 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7F7でたまプラ。
⑫c5は自然で13.B5はB6にもE3にも少し劣るたまプラフラット。⑭c6以下D2g5E8f8G8d7と進み白のやや歪んだ水晶形が黒石に挟まれた姿。

 B C D E F G
2++●+++
3+●●+○+
4+●●○○+
5●●○○○○
6+○○○○+
7++○○●+
8+++●●●

2009/01/21 20:49 | [虎系]虎定石

虎>たまプラの一つ>ミニカー 

F5d6C3d3C4虎定石。
F5d6C3d3C4f4F6f3E6e7F7たまプラc5E3次善ミニカー。左が空側、右が地面側です。

 C D E F
3●●●○
4●●●○
5○○●●
6+○●●
7++○●

この13.E3は次善。c5B5三善がたまプラフラット。c5B6なら最善で、昨日紹介のたまプラシャープです。

2009/01/20 22:38 | [虎系]虎定石

たまプラーザ#から釣鐘へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7F7でたまプラーザ。
11.F7はD7に打つほうがいいのであまり打たれなくなりましたが、宮岡名人をはじめ研究は深められています。
以下c5B6シャープやc5B5フラットばかりでなく、c5E3に打たれたらどうするか。ぜひ知っておきたいことです。
⑫c5以下B6「たまプラシャープ」にはg6E3e2G5c6と「釣鐘」のような形に進むのが「最善」です。

 B C D E F G
2+++○++
3+●●○○+
4+●●○○+
5+●○●●●
6●○○○○○
7+++○●+

2009/01/19 22:30 | [虎系]虎定石

虎定石から生まれる白鳥 

F5d6C3d3C4虎定石。⑥f4からE6でリーダーズタイガー。imure Leaderはイギリスを代表する名手です。
⑧b3以下の「最善」進行でE2c5B4d2C6a5E3b5(F3)のように左上方面に一羽の白鳥が現れます。

 A B C D E F
2+++○●+
3+○○○●+
4+○○●●○
5○○●●●●
6++●●●+

2009/01/18 22:19 | [虎系]リーダー虎

みこしから「双頭と鷲」の紋章へ 

portable_shrine.jpg

F5d6C3d3C4虎定石。⑥f4からC5b3C2b4E3e6C6みこし。
⑭f6はg4も同じ価値。以下A5a4B5a6D7c7E7f3F2d2A3a2までの形が「双頭の鷲」と呼ばれる紋章です。

 A B C D E F
2○+●○+●
3○○○○○○
4○●●●●○
5○●●●●○
6○+●●●○
7++○●●+  

2009/01/17 22:22 | [虎系]みこし

へろ虎改めヒーローがオリオン座に 

F5d6C3d3C4虎定石>f4C5b3C2d1A3c6B4e3B5。
ここまでを冬の星座で名高いオリオンに見立てました。

 A B C D E F
1+++○++
2++○+++
3●●○○○+
4+●●○●○
5+●●●●●
6++○○++

振り上げた武器。広い肩幅。ベルトの辺りに三ツ星を想像してください。
下半身がどっしり幅広過ぎるかな?  

2009/01/16 22:00 | [虎系]Rose-Bill

裏リンゴから若葉のマークへ 

牛系 牛素 牛から りんご定石

牛系北牛素闘牛定石=F5f6E6f4G5。
ここから⑥d6で裏リンゴ。
7.F3はE3,E7,D7に比べて極微差の損でも、当然の定石として打たれます。
⑧g6に続いて9.C5はE7,C7,F7と極微差の定石。
⑩g3以下F7e7C3c6D3g4C4d7E8で見事な若葉マークになります。

 C D E F G
3●●+●○
4●●●○○
5●●●○○
6+○●●+
7++●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/01/15 22:01 | [牛系]大量取り=りんご

兎>ラル兎>白黒逆の「薪割り」 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
F5d6C5f4E3c6D3f3ラル兎
E6f6G4g3G5h5H4h3G6h6D7c7B6まで、
昨日の「薪割り」に良く似ています。
色は逆で、白い木に黒い斧。斧の部分は昨日より短いです。

C D E F G H
3+●●○○○
4+●●●○○
5●●●●●○
6○○○○○○

2009/01/14 22:34 | [兎系]ラル兎定石

虎定石>カン>黒L字>薪割り 

F5d6C3d3C4虎系虎素虎定石>f4バナナ>F6b4カン>F3e6E3黒L字。
g5G6g4H4h5H6g3H3薪割り
 B C D E F G H  3+●●●●●● 4○○○○○○● 5++○○○●● 6++○○●●●
白石を鋭い刃の斧と見て、薪に見立てた黒石をバサッと割る姿を想像してください。  

2009/01/13 21:21 | [虎系]虎定石

馬定石からのもう一つの対称形連鎖 

F5d6C5f4D3馬定石。
F5d6C5f4D3c4馬面C3c6馬瓶E6b5E3b4 馬八角

⑥e3だけでなく、この⑥c4も最善手が対称形になってゆきます。
 C D E F
3●●++
4●○○○
5●○○●
6○○++
 馬瓶

 B C D E F
3+●●●+
4○○○●○
5○○○●●
6+○○●+
 馬八角

2009/01/12 20:51 | [兎系]馬定石

昨日に続いて馬大鍋と馬軍配 

F5d6C5f4D3馬定石。
馬F5d6C5f4D3e3G4g5E6c4馬面G4からc4まで4手連続2石返しです。
この後、C6c3深い瓶G3f6F3g6長方形、ここまでは昨日紹介済み。
E2大鍋から図を付け加えます。、
f2D2六角形、
e7軍配。
ここまで実に6回の対称形が出てくるのです。

 C D E F G
2+++++
3+●○++
4○○○○●
5●●●●○
6+○●++
 馬面

 C D E F G
2+++++
3○○○●●
4○○○●●
5●●○○○
6●●●○○
 馬長方

 C D E F G
2++●++
3○○○●●
4○○○●●
5●●○○○
6●●●○○
 大鍋

 C D E F G
2+●●○+
3○●○○●
4○●●○●
5●●●○○
6●●●○○

 馬六角または馬ビル

 C D E F G
2+●●○++
3○●○○●
4○●●○●
5●●●○○
6●●●○○
7++○++
 軍配

最善の手がこうなるのは不思議ですね。

2009/01/11 21:48 | [兎系]馬定石

馬定石は対称形の連続 

F5d6C5f4D3馬定石。
馬F5d6C5f4D3e3G4g5E6c4馬面G4からc4まで4手連続2石返しです。
この後、C6c3深い瓶G3f6F3g6長方形、
E2大鍋、
f2D2六角形、
e7軍配。
ここまで実に6回の対称形が出てくるのです。

C D E F G
2+++++
3+●○++
4○○○○●
5●●○○○
6+○●++
 馬対称

 C D E F G
2+++++
3○○○●●
4○○○●●
5●●○○○
6●●●○○
 馬長方
以下の解説は明日のお楽しみ。

2009/01/10 23:51 | [兎系]馬定石

牛>飛行機>本塁>独楽>糸巻 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。
ここからc5C4e7G4で飛行機。
このG4はC6,B5,B6に比べてやや損でも、よく打たれます。
⑩f3以下G3d3D6c3G5と進んで、ホームベース!
見事な対称五角形になります。

 C D E F G
3○○●●●
4○○○●●
5○●●●●
6+●○○+
7++○++

ここまでは昨日の再掲。
この後の3手はe2(g6に比べて僅差の損ですが独楽の形。
さらにG6c6で凧上げなどの糸巻き。縦にも横にも裏返せる対称形です。

 C D E F G
2++○++
3○○○●●
4○○○●●
5○○●●●
6○●●●●
7++○++ <--*好きなコメントここまで *-->

2009/01/09 20:43 | [牛系]飛行機

牛から飛行機へ本塁へさらに? 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。
ここからc5C4e7G4で飛行機。
このG4はC6,B5,B6に比べてやや損でも、よく打たれます。
⑩f3以下G3d3D6c3G5と進んで、ホームベース!
見事な対称五角形になります。
実はこの後3手でさらに見事な対称形になります。

 C D E F G
3○○●●●
4○○○●●
5○●●●●
6+●○○+
7++○++ <--*好きなコメントここまで *-->

2009/01/08 21:25 | [牛系]飛行機

牛から水晶 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。
牛から6.d3はc5やd6だけでなく、
d7に比べてもやや損ですが、
よく打たれます。
d3以下F3d2E2と進んで、水晶のような対称六角形になります。

 D E F
2○●+
3○●●
4○●○
5●●○
6+●○
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/01/07 21:01 | [その他]未分類

虎スマイルから歌舞伎の世界へ 

虎系虎素虎定石=F5d6C3d3C4。
虎定石>f4C5b3C2ローズビル>d2虎スマイル>E6b4G4c1C6

 B C D E F G
1+○++++
2+○○+++
3○○○+++
4○○○●●●
5+○●●●+
6+●●●++

歌舞伎「勧進帳」で弁慶が花道を「飛び六方」を踏んで退場する。
c1冠を被った弁慶の頭顔, c2首, d2左肩, d3左手, b3右肩, b4右手,c3胸部, c4腹部&脚, c5脚, 黒石は全て観客。
「勧進帳」の中で、いや歌舞伎で最も知られている見せ場。
http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/4/4_04_04.html
このサイトで「六方」の動画も見られる。

一方帆船の出港とも見たい。
黒い船体と白帆。黒い平行四辺形は桟橋にも見える。

2009/01/06 21:35 | [虎系]Rose-Bill

まこ虎から鳩の姿に 

虎系虎素虎定石=F5d6C3d3C4。虎定石>f4C5b5まこ虎>B4b3C2  「まこ」は末國誠九段の愛称で「まことラ」はうまい命名。
 以下3手で左図。鳩は漢字で九の鳥。やや白い胸は出てb3b4b5,
 b3嘴, C2頭部, D3E4首肩背, C4D4E4f4C5D5E5胴腰羽, d6脚,
 f4F5尾翼部。

 B C D E F
2+●+++
3○●●++
4○●●●○
5○●●●●
6++○++

2009/01/05 21:47 | [虎系]虎定石

正月にふさわしい鳥なら鶴でしょう 

F5d6C5f4D7=鶴定石。 F5d6C5f4D7f6D3
大きな袋を肩にかけ♪
大国様が来かかると、
そこへ因幡の白兎、
皮を剥かれて赤裸。黒石が大国主命、白石が袋。どうですか?

 C D E F
3+●++
4+●○○
5●●○○
6+●+○
7+●++

2009/01/04 23:52 | [兎系]鶴定石

校旗から獅子舞の獅子へ 

校旗系校旗素校旗定石=F5f4D3f6G7。
F5f4D3f6G6c4E6d6C6g5C3獅子。正月には獅子舞がありましたよね。
ライオンに見える定石はなかなか見つけられなかったのですが獅子舞には見えると思います。
絵はライオン、獅子舞ともに、これから依頼します。

 C D E F G
3●●+++
4○●○○+
5+○●○○
6●●●●●

2009/01/03 21:37 | [校旗系]校旗定石

もう一つの牛の顔 

虎系竜素竜定石から風神へ


今日も、今年の干支にちなんで牛の顔になる定石をお目にかけます。
虎系竜素竜定石=F5d6C3f4F6。
竜定石からd3F3b3で風神ですが、この後白黒最善にC5g4G3c6C4e6D2e3E2と打ち進めれば、もう一つの牛の顔の姿が浮かび出ます。
これは200812月中に新しく見つけたもの。牛面という名付けるには昨日の進行のほうがいいようです。

 B C D E F G
2++●●++
3○○●○●●
4+●●○●○
5+●○○○+
6+○○○●+
D1とE1は左右の角、耳は片方が小さいです。

昨日のブライトゥェルからの牛面を下に再掲します。
それと比べて、いかがですか?
C1d1右角, F1g1角, C2d2e2f2g2頭部, B3b4C3右耳, h3H4g3左耳,
d4右眼, d3e3f3額, F4左眼, C4c5c6d6右頬, G4G5G6F6左頬,
D5e5F5d6F6鼻の穴と轡, e6口, F7E7D8手綱。

 B C D E F G H
1+●○+●○+
2+●○○○○+
3●●○○○○○
4○●○●●●●
5+○●○●●+
6+○○○●●+
7+++●●++
8++●++++

2009/01/02 20:56 | [虎系]竜定石

牛の顔の姿になる定石 

2009年明けましておめでとうございます。
虎定石からですが、干支にちなんで牛の顔になる定石をお目にかけます。
虎系虎素虎定石=F5d6C3d3C4。
f4E3ブライトゥェルf3E6f6/G4h3G5g3H4/
c6E2f2G6c5/F1d2C1g2(X)C2/g1F7e7D8b4/B3d1

C1d1右角, F1g1角, C2d2e2f2g2頭部, B3b4C3右耳, h3H4g3左耳,
d4右眼, d3e3f3額, F4左眼, C4c5c6d6右頬, G4G5G6F6左頬,
D5e5F5d6F6鼻の穴と轡, e6口, F7E7D8手綱。

 B C D E F G H
1+●○+●○+
2+●○○○○+
3●●○○○○○
4○●○●●●●
5+○●○●●+
6+○○○●●+
7+++●●++
8++●++++

2009/01/01 20:26 | [虎系]ブライトウエル
定石分類
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。