オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2009 01123456789101112131415161718192021222324252627282009 03
月別アーカイブ  [ 2009年02月 ] 
≪前月 |  2009年02月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

玉家流から電池形、さらに白い五角形へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c4も損を承知の玉家流です。7.E6で黒は十字の好い形。⑧f6に9.D3で全体が線対称の七角形。⑩c6と電池の形になった後、11.G4以下f3G5e2F2c3と進んで左下方面に白の五角形ができ、黒17.E1まででもその白五角は消えません。

 C D E F
3+●●+
4○●●○
5○●○○
6○○○○

 C D E F G
1++●++
2++●●+
3○○●●+
4○○○●●
5○○○○●
6○○○○+

スポンサーサイト
2009/02/28 21:32 | [兎系]玉家流

兎から三村流>小金魚>親子烏 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥d3は損を承知の三村流。7.F3以下f2C3g4E6e2C4と黒が応じて、小さな黒い金魚の姿になります。
⑭c6で黒は親子の烏になり、以下G5g3F6e7で、また親子カラスが少し離れてできます。

  C D E F G
2++○○+
3●●●○○
4●●○○○
5●○○●●
6○○○●+
7++○++

2009/02/27 18:38 | [兎系]兎定石

兎から「たにし」、雪崩定石へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6にF3もネットの対局などで良く打たれます。この形はなぜか田螺(たにし)と名付けられ、英語名でDanishと呼ばれています。多分オランダ代表だったシェイマン世界チャンピオンにちなんだ命名でしょう。
⑧g5以下H6c3E6f6g6C4と、左方に白い三角の斜面。右方にそこを雪崩れてゆくような黒い塊。
「雪崩」という名がぴったりでしょう。

  C D E F G H
3○+●●++
4○○●●++
5○○○●●+
6○○○○●●

2009/02/26 19:41 | [兎系]たにし定石

竜定石から風神、保安官へ 

虎系竜素竜定石から風神へ

F5d6C3f4F6竜定石。⑥d3以下F3b3は「風神定石」。続けてC5g4G3c6C4e6D2e3E2と進めば、西部劇でおなじみの「保安官」。

 B C D E F G
2++●●++
3○○●○●●
4+●●○●○
5+●○○○+
6+○○○●+
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/25 21:13 | [虎系]竜定石

猿定石からだいこくさまへ 

F5d6C3f4E6猿定石。⑥f6はf7より僅差で勝り、⑧e3もc5より僅差で勝ります。
9.D7で「♪大きな袋を肩にかけ、大国様が来かかると」と歌われた「大国主命」の姿。9.D7はG5も好手です。

 C D E F
3●+○+
4+●○○
5+●○○
6●●○○
7+●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/24 19:10 | [虎系]猿定石

ノーカン>ボンド>白水晶>白い六角の家 

F5d6C3d3C4虎定石。⑥f4にF6g5でノーカン。9.E6以下d7E3c5F3e7で「ボンド」。さらに15.B6以下g4C6g3H3f2H6b5H4d2C2e2F1b4F7と進めば白の綺麗な六角形の家が現れます。

 C D E F G
3●●●●+
4●●●●+
5○○○●○
6+○○○+
7+○○++

 B C D E F G H
1++++●++
2+●○○●++
3+○○○●●●
4○○○○●●●
5○○○○●●+
6●○○○●+●
7++○○●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/23 23:23 | [虎系]ボンド定石

ノーカンからボンド定石、さらに白水晶 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンからE6d7E3c5F3e7までで「ボンド定石」。これは接着剤「ボンド糊」のCMキャラ「ボンド」にちなんだ黒い帽子の男の姿です。
さらにB6g4C6g3H3白水晶と進めば右下方面の白石が水晶の形になります。

 B C D E F G H
3+●●●●●●
4+●●●○○+
5+●●○○○+
6●●○○○++
7++○○+++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/22 21:54 | [虎系]ノーカン

ノーカンから「たてころ」さらに大きな船 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンからE6c5F3が、かつて「縦取り殺し」と呼ばれた手です。さらにb5B4f7E3e7H5g4H4と進んで下が空の巨大な船が現れます。捕鯨船らしいのはこれではないでしょうか?

 B C D E F G H
3+●●●●++
4●●●●●●●
5○○○○○●●
6++○○○++
7+++○○++ <--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/21 22:03 | [虎系]ノーカン

ノーカンから白いバリの登場再登場 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンからC6e3D7d8と進めば、白いバリが現れ、さらにE2d2e1と進めば、またもや白いバリが現れます。

 C D E F G
3●○○++
4●○○○+
5+○○○○
6●○+●+
7+○+++
8+○+++

 C D E F G
1++●++
2+●●++
3●○○++
4●○○○+
5+○○○○
6●○+●+
7+○+++
8+○+++ <--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/20 21:41 | [虎系]ノーカン

ノーカンから白い烏と白いモグラへ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンからC6は次善の極微差。e3D7に続いてc7はb3,d8,c5と極微差の好手です。
E6d8C8b8D2と進めば右辺に白い烏とも見える三角、左下に白いモグラとも見える三角が現れます。

 B C D E F G
2++●+++
3+●●○++
4+●●○○+
5++●○○○
6+●●●●+
7+○●+++
8○○○+++ <--*好きなコメントここまで *-->

2009/02/18 21:44 | [虎系]ノーカン

ノーカンから「小槌」、「雪の電飾」へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5ノーカンC6次善e3D7までは昨日と同じ。c5と僅差の次善に打てばE6d8G4f3で白黒合わせて「小槌」の形。さらにB5b4で「雪の電飾」の形になることは1月初めでしたかにご紹介済みです。

 C D E F G
3●○○○+
4●●○●●
5○○○●○
6●○●●+
7+○+++
8+○+++

 B C D E F G
3+●○○○+
4○○○○●●
5●○●●●○
6+●○●●+
7++○+++
8++○+++

2009/02/17 18:54 | [虎系]ノーカン

ノーカンから白2個の大小三角へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6に⑧g5が現在最流行のノーカン定石です。
F6もg5も次善で、さらにC6が次善。
以下e3D7b3C2b4D2と「最善」で進むと白の大小三角形ができます。
途中僅差の有力な手がいくつもあり、そのことが「最流行」の要因でしょう。

 B C D E F G
2+●●+++
3○●●○++
4○○●○○+
5++●○○○
6+●●+●+
7++●+++

2009/02/16 20:16 | [虎系]虎定石

たまプラ#から釣鐘へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7F7の「たまプラーザ」に対して⑫c5の後B6と打つのが「たまプラ#」です。
以下g6E3e2G5c6と、かなり右に寄った「釣鐘」の形になります。

 B C D E F G
2+++○++
3+●●○○+
4+●●○○+
5+●○●●●
6●○○○○○
7+++○●+

2009/02/13 21:35 | [虎系]コンポス

コンポス>たまプラ♭>白歪み水晶 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7F7の「たまプラーザ」に対して⑫c5の後B5と打つのが「たまプラフラット」です。
以下c6D2g5E8f8G8d7となりますが、黒石に挟まれた白石はf3の石を除いて「水晶」。「白歪み水晶」という名付けは非常に未熟ですね。

 B C D E F G
2++●+++
3+●●+○+
4+●●○○+
5●●○○○○
6+○○○○+
7++○○●+
8+++●●●

2009/02/12 20:34 | [虎系]コンポス

コンポス>たまプラ>ミニカー 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7までは昨日と同じです。
ここで11.F7と打つのが宮岡環名人にちなんだ「たまプラーザ」で、⑫c5の後はB6の「たまプラシャープ」には僅差で劣るE3も有力です。
下方に向かって進むミニカーの形になります。

 C D E F
3●●●○
4●●●○
5○○●●
6+○●●
7++○●

2009/02/11 22:05 | [虎系]コンポス

コンポスから大壁を避けて逸品へ 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7D7g6D8までは昨日と同じです。
ここで白⑭c5C6c7C8の代わりに「次善」とされるf7と打ってD2と交換します。
以下c5C6b3B4e3C2c8B8c7E8b6E2b5と進めば、G4に石がないものの、見事な形になります。
「なんでも鑑定団」で「逸品」と評価されそうではありませんか?

 B C D E F G
2+●●●○+
3○●●○●+
4○●○●●●
5○○○●●●
6○○○●●○
7+○●○●+
8●●●●●●

2009/02/10 19:10 | [虎系]コンポス

コンポス>大壁>排雪>氷水 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7D7g6D8c5C6c7C8e3B4「排雪」までは昨日と同じです。
さらに22.a5以下D2f7A4a3B3a2A6a7E2e1G5g4次善F2c2D1g3C1e8と進めば、4列と5列の間を軸とする見事な対称形になります。
ガラスの食器に盛った氷にシロップの味が付いたこれを、札幌では「氷水」と呼びます。「かき氷」と同じでしょうか?
g4は僅差でh5が勝ります。

 A B C D E F G
1++●●○++
2○+●●●○+
3○○●○○○○
4○○●●○●○
5○○●●○●○
6○○○●○●○
7○+●○○○+
8++●●○++

2009/02/09 21:18 | [虎系]コンポス

コンポス>大壁>排雪 

F5d6C3d3C4f4F6f3E6e7D7g6D8c5C6c7C8b6B5e3B4排雪 F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7D7g6まで昨日と同じです。
次13.D8は黒の大壁の始まりで怖い手ですが「最善」。
さらに、17.C8まで壁を築いて、e3は白に打たせ、21.B4まで右上に白の正方形ができます。これを雪の塊と見立て、重機を使った北国の排雪風景です。

 B C D E F G
3+●○○○+
4●●○○○+
5●●○○○+
6○●●●●○
7+●●●++
8+●●+++

2009/02/08 22:35 | [虎系]コンポス

蠍座>シャコン>桐>お堂 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6f3E6e7D7g6G5c5までは昨日と同じです。
次15.B6を「シャープコンポス」略して「シャコン」と名付けたのは井端健介さんです。
c6B5と「最善」で進んでも、花札の「桐」のデザインになります。
ここからさらに、⑱c7以下D2f7E3e2と進めば、左右対称の「お堂」ができます。なおE3,e2ともに少し損ではあります。

 B C D E F G
3+●○+○+
4+●●○○+
5●●○●●●
6●●○●●○
7++●○++

 B C D E F G
2++●○++
3+●●○○+
4+●●○●+
5●●○○○●
6●●○○○○
7+○○○○+

2009/02/07 19:20 | [虎系]蠍座

サソリ座から「桐」 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4F6f3E6をガトリフ・リストは「蠍座」と名付けました。蠍=サソリはScorpion、蠍座はScorpioです。
⑩e7にはD7が「最善」ですが、C6,F7もよく打たれます。
⑭g6にはD8が打たれるようになるまで、G5が自然な進行として打たれ、⑯c5以下B5c6B6と進んで、花札の「桐」のデザインになります。

 C D E F
3●○+○
4●●○○
5+●●●
6+○●●

 B C D E F G
3+●○+○+
4+●●○○+
5●●○●●●
6●●●●●○
7++●○++

2009/02/06 21:47 | [虎系]蠍座

リー虎>びん定石と周辺の多角形 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4E6リーダーズタイガーに⑧f6E3c5六角C6七角b6の次13.D7は昨日のC7にはやや劣ります。
このD7は野田敏達五段現オセロ連盟理事がかつて愛用したことから「びん定石」と呼ばれます。
⑭b5以下E7f3B4c7と進んで線対称七角。
15.E7をB4に打ってから、c7E7なら綺麗な八角形になり、そこでf3でも線対称七角。
僅差です。

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5+●●○○
6○○●○○
7++●++

 B C D E F
3+●●●○
4●●●○○
5○●○○○
6○○○●○
7+○●●+

 B C D E F
3+●●●+
4●●●●○
5○●○●○
6○○●●○
7+○●●+

2009/02/05 20:11 | [虎系]リーダー虎

リー虎>坂口流>湯飲み 

F5d6C3d3C4虎定石。
f4E6のリーダーズタイガーに⑧f6E3c5六角C6七角b6C7まで昨日と同じ。
⑫b5がb6にやや勝り、17.E7とともに坂口流。
⑱f3以下D7b4と進んで線対称七角。21.B3で大きな「湯飲み茶碗」の姿になります。

 B C D E F
3●●●●○
4○●○○○
5○○●●○
6○●●●○
7+●●●+

2009/02/04 21:18 | [虎系]リーダー虎

対称袋、五角、六角、七角の繰り返し 

F5d6C3d3C4虎定石。
f4E6のリーダーズタイガーに⑧f6E3c5六角C6五角。
⑫b6はb5にやや劣りますが好手。
C7と小袋線対称に応じ、b5には最善のE7にやや劣るD7で、また線対称袋。
e7F7b4対称七角と進んで、19.B3の大六角。
見事な幾何学模様の連続ですね。

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5+●●○○
6○●○○○
7+●+++

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5○○●○○
6○●●○○
7+●●++

         B C D E F
3+●●●+
4○○○○○
5○○●○○
6○●○●○
7+●●●●
ここでB3=大六角

2009/02/03 19:25 | [虎系]リーダー虎

リーダーズ・タイガーの線対称進行 

F5d6C3d3C4f4E6リー虎はかなり白リードの序盤ですが、⑧f6はやや損。
E3c5と全体が六角形になり、11.C6までの五角形もF3-C6ラインを中心に線対称です。
さらにb5D7と進み、右上方面を底にした金魚蜂、または巾着袋の形もF3-C6ラインを中心に線対称です。
F3-C6ラインを短く「南北線」、「ブラックライン」とも呼びます。

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5+○○○○
6++○○○
7+++++

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5+●●○○
6+●○○○
7+++++

 B C D E F
3+●●●+
4+●●●○
5○○●○○
6+●●○○
7++●++

2009/02/02 17:40 | [虎系]リーダー虎

リーダーズタイガーから「白鳥」の姿へ 

F5d6C3d3C4f4E6b3E2c5B4d2C6a5E3b5(F3)リー白鳥 F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4に7.E6と打つのが1995年当時既に「リーダーズタイガー」と呼ばれていた手です。
かなり黒損でも白が応手を誤ればすぐ互角になります。
⑧b3以下E2c5と互いに「最善」に打ったとき、11.B4はC6もあり、明日紹介します。
⑫d2をe3と打つと互角になってしまいます。13.C6はB5も極微差。
⑭a5以下E3b5と進むと左上方面の白石は「白鳥」のように大きな翼をなし、これを「リー白鳥」と名付けることにしました。17.F3まで打っても「白鳥」の姿はそのままです。

 A B C D E F
2+++○●+
3+○○○●+
4+○○●●○
5○○●●●●
6++●●●+

2009/02/01 21:54 | [虎系]リー虎
定石分類
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。