オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 
≪前月 |  2009年03月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

この汽船は白有利 

鼠系鼠素汽船定石=F5f4E3f6G5。絵は依頼中。
5.G5は「最善」のE3に比べれば大損の「最悪」ですが、やや白が有利なだけです。
⑥g4以下F3e6G6c6F3e6G6d6H5g3H3h6E7h4H7d7F7e8といった進行が想定され、白有利の形勢です。

スポンサーサイト
2009/03/31 18:30 | [鼠系]汽船定石

船では最短手数の汽船 

鼠系裏鼠素裏汽船定石=F5f4E3d6C5。絵は依頼中。
5.C5は「最善」のE3に比べれば大損の「最悪」ですが、やや白が有利なだけです。
⑥c4以下D3e6C6f6C3b5D7e7B6b3F8c7A4c8といった進行が想定され、やや白有利の形勢です。

2009/03/30 20:34 | [鼠系]汽船定石

裏鼠素裏揺椅子定石 

鼠系裏鼠素裏揺椅子定石=F5f4E3d6G4。
5.G4は「最善」のE3に比べればやや損の「次善」ですが、やや黒が有利です。
⑥e2以下D3c4C5e6C3g6F6b6F3d2D7e7C2b5といった進行が想定され、ほとんど互角の形勢です。

2009/03/29 21:37 | [鼠系]揺椅子定石

鼠素>Y字路 

鼠系鼠素Y字路定石=F5f4E3f6G6。
④f6は僅差の「最善」。
5.G6は「最善」のE3に比べればかなり損ですが、まだやや黒が有利です。
⑥g5 以下H5h6H7c5C4d3C3b4C6d6D7e7B5e2といった進行が想定され、ほとんど互角の形勢です。

2009/03/28 21:34 | [鼠系]Y字路定石

鼠素からW字へ 

鼠系鼠素W字定石=F5f4E3f6C5。
④f6は僅差の「最善」。
5.C5は「最善」のE3に比べれば大損ですが、まだやや黒が不利なだけ。
⑥e2はd3を先にしてもF3e2C3で同じになります。⑥e2 以下F3d3C3d2F1c4E6c2G4g3F2e1B4b5といった進行が想定され、ほとんど互角の形勢です。

2009/03/27 21:34 | [鼠系]W字定石

鼠素からのバルコニーもゆくゆくは互角 

鼠系鼠素露台定石=F5f4E3f6G4。絵は依頼中です。
④f6は僅差の「最善」。
5.G4は「最善」のE3に比べれば大損の「最悪」ですが、まだやや黒が不利なだけです。
⑥ f3以下D3e2F2d2G3c3E6c4G5h5G6h6H4h3といった進行が想定され、ほとんど互角の形勢です。

2009/03/26 20:13 | [鼠系]露台定石

裏鼠から露台(バルコニー)へ 

鼠系裏鼠素露台定石=F5f4E3d6C4。絵は依頼中です。
④d6は僅差の「最善」。
5.C4は「最善」のE3に比べれば大損ですが、まだやや黒が不利なだけです。
⑥ f6以下C6c5D7d3F3e2C3f2F1d1G4g3B4g5といった進行が想定され、ほとんど互角の形勢です。

2009/03/25 22:01 | [鼠系]露台定石

T字定石>海豹型 

鼠系T字素T字定石=F5f4E3d2E2。④d2は僅差の「最悪」。5.E2 以下f6D3c3C4f3F2e1F1d1C1c6B3c2E6b5といった進行が想定され、かなり黒有利です。黒が7.D3で「海豹」 の形を作るのは、F5f4E3f2E2のT字定石と同様です。

2009/03/24 22:17 | [鼠系]T字素

鼠から揺椅子へ 

鼠系鼠素揺椅子定石=F5f4E3f6C4。④f6は僅差の「最善」。5.D3はD3の鼠に比べるとかなり損ですが、まだ黒有利。⑥e2もd3に比べて僅差で勝ります。7.F3以下d3F2c3G4g3D1h3E6b4C5d2G6b6といった進行が想定され、やや白有利です。

2009/03/23 13:58 | [鼠系]揺椅子定石

裏鼠から裏揺椅子へ 

F5f4E3d6G4=鼠系裏鼠素裏揺椅子定石。絵は依頼中です。⑥e2以下D4c4C5c6C3f3D2e6F6g5G3f2H6 といった手順で黒やや有利です。

2009/03/22 23:56 | [その他]未分類

老人系ハイエナ素鷲定石 

老人系ハイエナg素鷲定石=F5f6F7g5F4。絵は依頼中です。3.F7の大損に④g5はお付き合いの大損ですが、まだ白僅差の有利です。5.F4もかなり損で、ここまで白大有利。⑥g4以下F3e3H3g6H4h6E6f2C3g3 といった手順で白大いに有利です。

2009/03/21 22:28 | [老人系]鷲定石

野兎定石>暗闇の船>光に満ちた豪華船 

F5d6C6f4E6=野兎系野兎素野兎定石。
⑥g5以下D3c4E3c5B3b4C3b5F6f3G6で全体が闇に包まれた夜の船が、⑱c2以下A6a4B6a5H5e2G4h4の手順を経て、豪華で光に満ちた客船の姿に変わります。

 B C D E F G
3●●●●○+
4○●●●○+
5○○○●●○
6+●●●●●

 A B C D E F G H
2++○+○+++
3+○○○●○++
4○○○○○○○○
5○○○○●●●●
6●●●●●●●+

2009/03/19 21:37 | [野兎系]野兎定石

猫定石>ネオキャット>張子白猫>編笠 

F5d6C4d3C5猫定石。
⑥f4にE2は通称「ネオキャット」。
⑧f6以下F3e3E6b5G5g4で白い張子の猫の形が下方面にできます。
その後、15.E7にh5と打てば「編笠」を被った顔の姿がイメージできます。ただしそのh5はかなりの損で、c3がいい。

 B C D E F G
2+++●++
3++●●●+
4+●○○○○
5○○○○○●
6++○●○+

 B C D E F G H
2+++●+++
3++●●●++
4+●○○○○+
5○○○○○○○
6++○●●++
7+++●+++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/03/18 20:19 | [猫系]猫定石

牛>沈没船>黒い烏>黒い烏と白い烏 

牛系北牛素牛定石=F5f6E6f4E3。⑥c5以下C4d7C6e2で「沈没船」定石。11.E8以下c8F3g4までで黒い烏ができ、さらに15.E7f7G5d6と進んで、また黒い烏と白い烏ができます。棋譜は19.H3以下d3D8f8C3b6D2f2G3まで掲げておきましょう。

 C D E F G
2++○++
3++○○+
4●●●○○
5●●○●●
6●○○○+
7+○○○+
8○+●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/03/17 20:42 | [牛系]沈没船

みこしからナイヤガラまで 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下C5b3C2b4E3e6C6御輿、別名fjtです。
⑭f6はg5も同値。以下A5a4B5a6D7c7(d7も同値)E7。
次d1(f3,c8,e8も同値)C1e2D2f3E1までで左側に白鳥ができ、中央はニボボ人形の姿になります。
さらに   d8F8b6G4(G3が僅差)e8G5g6F7f2H5と双方「最善」を打った後f1はG3が「最善」ですが以下G3h3H4(G1も同値)g2B2h6G7h2C8b7A3a2で豪快なナイヤガラの滝の姿になります。

A B C D E F G H
1++●●●+++
2++●●●+++
3+○○○●○++
4○○○●●○++
5○○●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++

A B C D E F G H
1++●●●○++
2○○○○○○○○
3○○●○○○○○
4○●○●○○●○
5○○●○●●●○
6○○○○●●●○
7+○○○○●●+
8++●●●●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/03/16 21:07 | [虎系]みこし

ブライトウエル>二匹の鼠>急須 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4にE3は損を承知の「ブライトウエル」。
⑧f3で白犬。9.E6にf6で白L字。
11.G4以下h3G5g3H4c6で黒は二匹の鼠を作り、17. E2以下f2G6c5で全体が急須(きゅうす)の姿になります。

 C D E F G H
3●●●○○○
4●●○●●●
5+○○●●+
6○○○○++

 C D E F G H
2++●○++
3●●○○○○
4●○●○●●
5○○○●●+
6○○○○●+
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/03/15 20:26 | [虎系]ブライトウエル

ノーカン>ボンド>白の水晶>白の高い丘 

F5d6C3d3C4虎定石。
⑥f4以下F6g5でノーカン。
9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。
15.B6以下g4C6g3H3で右下方面に白の水晶。
⑳f2以下H6b5H4d2C2e2F1b4F7の29手まで左下方面に白の高い六角丘。

 B C D E F G H
3+●●●●●●
4+●●●○○+
5+●●○○○+
6●●○○○++
7++○○+++

 B C D E F G H
++++●++
+○○○●●●
○○○○●●●
○○○○●●+
+○○○●+●
++○○●++
<--*好きなコメントここまで *-->

2009/03/14 21:40 | [虎系]ノーカン

野兎から海底観察船へ 

F5d6C6f4E6=野兎系野兎素野兎定石。
⑥g6以下G5f6G4c5B5(G4c5B5f6G5)で
海底観察船の姿、北海道で実際に営業している観光用です。

 B C D E F G
4++○○○●
5●●●●●●
6+●●●○○

2009/03/13 21:21 | [野兎系]野兎定石

井上流>穴兎>二匹の黒鼠 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6にE6が井上流。⑧f7次善にD7e8F3f6で穴兎。E6が井上流。⑧f7次善にD7e8F3f6で穴兎。
さらに13.F8以下c4E7g5と進み黒い鼠が二匹、上下に分かれて現れます。

  C D E F G
3++●●+
4+●●●+
5●●●●+
6○○○○+
7+○+○+
8++○++

  3++●●+
4○●●●+
5○○○○○
6○○●●+
7+○●●+
8++○●+

2009/03/12 21:23 | [兎系]井上流

手塚システムからの長い手順で「独楽=こま」 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7E7の「手塚システム」に⑫c7からC4f3ならd5の色だけが違う「黒W型」。
15.G3以下
F5d6C5f4E3c6D3f6E6d7E7c7C4f3G3d8G5d2F7c3C1e1B5b6B4e2F2g6H5g4H4a4B3a5F1d1C2a3E8h3
という「最善」に近い進行で「独楽」の形になります。
ただし16.d8次善。26.e2も次善。40.h3はh2も同価値。

 A B C D E F G H
1++●○○●++
2++●●●●++
3○○○○○○○○
4○○●●●●○●
5○○○●●○●●
6+○○○●○●+
7++○○●●++
8+++○●+++

2009/03/11 23:28 | [兎系]手塚

手塚システムの一つ白丘型から怪我トンボへ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7E7の「手塚システム」に⑫f3が僅差の次善(白丘型)です。
f3C4c7はc7C4f3ならd5の色だけが変わって「黒W型」になります。
15.G3にd8も好手で、17.以下G5d2G6b6C3b3B4a3B5a4までで、羽に怪我した蜻蛉の姿になります。

 A B C D E F G
2+++○+++
3○○●●●●●
4○○●●○●+
5+○●●●●●
6+○○○●●●
7++○○○++
8+++○+++

2009/03/10 19:20 | [兎系]手塚

♭ローズ>屋形船>なまはげ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G4の♭ローズからc4G5c3F7d2E7のRoating Flat、さらに f2E2f3の屋形船まで昨日と同じ。
21.C8以下g3F1f8D8h6H5g8C1h4C2g7B5b6C7e8B4g6と進んで「なまはげ」 のイメージが描けるようです。

 B C D E F G H
1+●++●++
2+●●●●++
3+●●●●○+
4●●○●○○○
5●●●●●○○
6○●●○○○○
7+●●○○○+
8+●●○○○+

2009/03/09 17:54 | [兎系]フラットローズ

♭ローズからRaotating Flat、客船、屋形舟へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G4の♭ローズからc4G5c3F7d2E7はRoating Flatとも呼ばれるおなじみの手順。
C列D列の白石をボディ、黒石を甲板上と見て大きな客船に見えます。
18.f2以下E2f3で屋形船にも見えますね。

 C D E F G
2+○+++
3○○●++
4○○●●●
5○○●●●
6○○●●+
7+○●●+

 C D E F G
2+○●○+
3○○○○+
4○○●●●
5○○●●●
6○○●●+
7+○●●+

2009/03/08 18:08 | [兎系]フラットローズ

♭ローズからオープンカーへ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G4の♭ローズも損を承知の有力な手です。
⑫f3がまた石損承知の「次善」手。
E2c3C4d2と自然な手が続いて、G4を頭部に「オープンカー」に乗る人のイメージができそうです。

 C D E F G
2+○●++
3○○●●+
4●○●●●
5●○○○+
6○○○○+
7+○+++

2009/03/07 20:15 | [兎系]フラットローズ

#ローズ・ワイドから巨大花瓶へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3で#ローズから⑫c4、13.G6で「ワイド」。
ゼブラ評価は「やや白有利」なのですが、その後の「最善手」を追ってみました。
⑭c3以下F7d2E7f2E2f1C2f3C8h4B6g5E1d1C1e8F8d8C7b5G4までで「白黒全く互角」に評価が変わります。
ここで36.b1でも36.b3でも「互角」ですが、b3の後G1b4B1で図のような巨大花瓶ができます。
h4の白石が対称を崩してはいますが、花瓶としては立派でしょう。

 B C D E F G H
1●●●●●●+
2+●●○●++
3○○●●○●+
4○○●●○○○
5○○○○●●+
6●○○●○●+
7+●●●●++
8+●○○●++

手塚システム>白い縦長長方形と発射台 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
F5d6C5f4E3c6D3f6E6d7E7c7C4f3D8c8B8e2F1e8F8f7B5と「手塚システム」の「最善」進行です
。白い縦長の長方に斜めのF1-B5ラインが、古い言葉ですがまるで高射砲です。

   B C D E F
1++++●
2+++●+
3++●○○
4+●●○○
5●●●○○
6+●●○○
7+●●○○
8●●●●●

2009/03/05 15:24 | [兎系]手塚

横兎からずれ電池へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下7.D3に対し⑧g5と打つのが「横兎」です。
9.E6以下f6G3とc4B4b3で#ローズに似た進行の後、15.B6以下c3B5g4と進んで、横に倒した電池(F3がG3にずれた形)ります。

 C D E F G
3+●●++
4+●●○+
5●○○○○
6○○+++

 B C D E F G
3○○●●+●
4●●○○○○
5●●○○○○
6●○○○○+

2009/03/04 20:56 | [兎系]横兎定石

ラル兎から長四角の積み重ね反復へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。⑥c6以下D3に対し⑧f3と打つのが「ラル兎」(別名白竜神)です。9.E6以下f6G4g3と進めば長四角二個をずらして重ねた形になります。
さらに13.G5以下h5H4h3G6h6といった進行で大小二個の長四角の積み重ねになります。

 C D E F G
3+●●○○
4+●●○●
5●○○○+
6○○○○+

2009/03/03 09:49 | [兎系]ラル兎定石

 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
F5d6C5f4E3c6D3e2たま兎F3c3C4d2F1b5B3e1E6f6C1d1C2b4F2g5G6g4


  B`C D E F G
1 +●○○●+
2 +●●○●+
3 ○○○●●+
4 ○○○○○○
5 ○○●○○○
6 +○○○○●

2009/03/02 16:34 | [兎系]たま兎

大和久流から最短全滅を避けて19個線対称へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥f6も損を承知の大和久流です。7.F3を黒がもしG5に打てば、これは全滅への甘いわな
。F5d6C5f4E3f6G5e6E7で黒のみの正方形=最短手数の完全試合!! 
⑧7.F3(黒犬)以下c4D3(黒クランク)e2F2e6と進んで右下方面に白の対称五角形ができ、全体は非対称の六角形になります。この後C3g4G3と進んで、これもブラックラインを対称軸とする線対称です。

 C D E F G
2++○●+
3●●●●●
4●●○○○
5●○○○+
6+○○○+

2009/03/01 16:37 | [兎系]大和久流
定石分類
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。