オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2009 081234567891011121314151617181920212223242526272829302009 10
月別アーカイブ  [ 2009年09月 ] 
≪前月 |  2009年09月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

燕御用>11.G4>白長方>36.f1>引分け 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5以下F6f4E6f7の「燕御用」から、11.G4以下f3H5h6H7c3D3e3G6d7F8e7C8d8E8c7F2(白長方)g2(!)までが解析上のbook。29.E2以下WLDなしでg3D2h4H3d1C1(ここまでがbook)f1(b1,e1)B3(E1)b4A4a3A2e1(b5)H1b2(h2,b5)B5(B7)b1(a6)A1b6G1(B7)c2A7a5A6h2B7a8B8g8G7h8の手順で引分けとゼブラは示していて、( )表示のゼロ進行も非常に多いです。

スポンサーサイト
2009/09/30 21:55 | [猫系]燕定石

燕御用>11.G4>⑫f3>⑯e7>22.b3>引分け 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5以下F6f4E6f7の「燕御用」から、11.G4以下f3(c7,e7)H5h6H7e7(c3)C7e3D7g6G3b3(d8)F2d8D2e2D3f1までが解析上のbook。29.C8以下WLDなしでc3(h3)F8h3E1b8B6a6B5a5(b4,h4)C2b4(ここまでbook)G1(E8)b2(h4,b7)E8g8B7h4H2g7G2(A4)c1A3(A4)d1A4(H8)a2H8a8A1(A7)b1A7h1の手順で引分けとゼブラは示していて、( )表示のゼロ進行も非常に多いです。

2009/09/29 23:23 | [猫系]燕定石

燕白髪>⑫b5、⑭f2、24.g6の引分け 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5以下D7d3B4c3の「燕白髪」から、11.E3以下b5(f3)A4f2(a6)C2a6F6b6D2e6E7c7G4g6(a3)A5(F3)e2C8f8F3までが解析上のbook。30.b3(d8もある)以下WLDなしでF4a3H5d8E1h3H4h6B7f1(ここまでbook)D1(E8)g3E8(G2,F7)a8F7c1G8b8B2a1(h8)A7(G1)h8G1(H7)h1H7g7H2g2A2b1の手順で引分けとゼブラは示していて、( )表示のゼロ進行も非常に多いです。

2009/09/26 17:09 | [猫系]燕定石

燕白髪>⑫b5>⑭a6>25.G4から引分けへ 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5以下D7d3B4c3の「燕白髪」から、11.E3以下b5(f3)A4a6(f2)C2b3F4d2F2f3E2e1C1g3G4(H3)h4G6f6F1までが解析上のbook。30.d1以下E6h7H2h3H5c7G2h1G1h6までがbook。41.B6以下a5(d8)A7d8(e8)E7(G7)f8G7h8F7(B8,E8)g8B8c8A3a8B7a2B2b1A1(E8)E8までが解析上のbook。以下(ここまでbook)の手順で引分けとゼブラは示していて、( )表示のゼロ進行も非常に多いです。

2009/09/25 23:18 | [猫系]燕定石

燕>御用11.G4>⑫e7>⑭f3>引分け 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5以下F6(D7もある)f4E6f7の「御用」から、以下G4(G3もある)なら⑫e7はf3,c7もあり、e7なら以下C7f3(b3)H5h6H7e3D7g6G3b3(d8)F2d8D2e2D3f1までが解析上のbook。29.C8以下c3(h3)F8h3E1b8B6a6B5a5(b4,h4)C2(E8)b4(ここまでbook)G1(E8)b2(h4,b7)E8g8B7h4H2g7A4(G2)d1C1a3B1(A7)a1A2h1H8g2A8a7の手順で引分けとゼブラは示していて、( )表示のゼロ進行も非常に多いです。

2009/09/24 21:59 | [猫系]燕定石

ノーカン>ボンド>B6g4 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5(ノーカン)E6d7E3c5F3e7(ボンド)B6b5から「一塁線バント」への数種の進行から今日はやや離れて⑯g4以下C6g3H3f2H6b5H4d2C2e2F7g8C8g6C7h5までのbookに続いてA5(WLD)から34.b3以下B4d1A2d8E8a3A4a7F8b8G7h8H7b7(G2,A6)B2a6A8g2F1a1B1c1E1g1(h2)H2h1以下の引分け手順を見ましょう。

2009/09/22 23:45 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド>一塁線バント>bookじゃない34.h4 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5(ノーカン)E6d7E3c5F3e7(ボンド)B6b5C6b4C7b3D8(一塁線バント)e8A4a3A5g4F8f7G8c8B8f2に続いてWLDなしで33.G3の後h4もあり、d2と同じ評価ながら、なぜかbookからは外れていて面白い。35.C2以下a6F1c1D1a2G6d2(h6)E1(H3)e2(h6)B1h6G7g2(h8)B7(H7)h8H7a8A7h5A1b2H2h1H3g1といった手順で引分けになります。

2009/09/21 18:49 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド>一塁線バント>28.c8から引分けへ 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5でノーカン、9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。15.B6以下昨日のg4と同じゼロ進行の⑯b5なら、C6b4C7b3D8(一塁線バント)e8A4a3A5g4F8で、次28.e2,a6,f7,c8が同値。昨日までにe2,a6,f7をそれぞれ調べました。c8なら29.B8以下e2E1c2までbook。(解析前の表示だと33.F2以下d2G3a6F7g6までがbook)。WLDなしで 33.F2以下d2G3a6F7h3(g6)D1(B1,B7)c1G2g6B1(H6,B7)h1B7g7H8a8A7h7B2(H2)g8H2f1H5h6H4a1A2G1といった手順で引分けになります。

2009/09/20 12:02 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド>一塁線バント>28.f7から引分けへ 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5でノーカン、9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。15.B6以下昨日のg4と同じゼロ進行の⑯b5なら、C6b4C7b3(一塁線バント)D8e8A4a3A5g4F8で、次28.e2,a6,f7,c8が同値ですが、f7なら29.G8以下c8(e2)B8a6(f2)までbook。WLDなしで 33.G6以下c2D2d1E2f2H5g3H2h6H7h4B7(G7)h8G7b2A1(C1)a8A7a2B1(C1)c1E1f1G1g2H1H3といった手順で引分けになります。

2009/09/19 17:38 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド>一塁線バント>30.d1以下引分け 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5でノーカン、9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。15.B6以下昨日のg4と同じゼロ進行の⑯b5なら、C6b4C7b3(一塁線バント)D8e8A4a3A5g4F8で、次28.e2,a6,f7,c8が同値です。e2なら、D2の後f7と同じゼロ評価のd1を少し問題な手と昨日書きました。30.d1以下C1f2C2f7A2g3H3b1F1a7G8c8B8b2A1e1A6h4H6h5G6h2H1h7G1g2G7h8A8b7といった手順だと黒4石勝になりますが、これは34.f7がまずく、g3が良いという解析です。34.g3以下F7a6に37.G1が人間離れした粘り。以下f1(c8)E1c8B8a2G6h6G7b2B1g8H8h7H3a1G2h1H2h4H5(A7)A7b7A8といった手順で引分けになります。

2009/09/18 20:41 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド>⑯b5から28.e2以下へ 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5でノーカン、9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。15.B6以下昨日のg4と同じゼロ進行の⑯b5なら、C6b4C7b3(一塁線バント)D8e8A4a3A5g4F8で、次28.e2,a6,f7,c8が同値です。e2なら、D2f7(d1もあるが少し問題な手)G3d1C2a6C1f2G8c8B8e1(ここまでbook)H5(H6)h6H3b1G6g7G2h1F1g1H4h2B2a1(a2)A2b7A8(H8)a7H8h7といった手順で引分けになります。

2009/09/17 18:39 | [虎系]ノーカン

ノーカン>ボンド定石の「最善」 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6g5でノーカン、9.E6以下d7E3c5F3e7でボンド。15.B6以下g4C6g3H3で右下方面に白の水晶。⑳f2以下H6b5H4d2C2e2F1b4F7の29手まで左下方面に白の高い六角丘。ここまでは3月19日既述。ここで白は勝負の単独C打ち30.g8以下C8g6までbook。WLDなしで33.A5からa4E8までは辺の手筋どおりですが、白は敢えて36.d8F8に38.h5と割り込みます。39.H8以下c7C1(H7)d1(a6)H7a6E1g7B2(G2,A3,B3,B7)b3A3g1H1a1B1a2A7b7(a8)A8b8g2H2といった手順で引分けになります。

2009/09/16 21:30 | [虎系]ノーカン

虎スマイルは実は白勝ち定石か? 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下C5b3C2の「ローズビル」に⑩d2以下虎スマイル定石の「最善」です。11.E6以下b4G4c1C6f6F7d7B5c7C8まで白-0.84のbook。22.e8からB6a6E3a5B2f3と進む過程で白のマイナス数値が減ってゆき、f3では+0.35と逆転します。A4g5は僅差の黒有利ですが、31.H4が-0.48という微妙な数値。32.h6(+1.24)の後G6とe7のWLDを経て、以下白2石勝へまっしぐら。これは⑩d2が-0.84という損を打ったからこその白有利への逆転の道なのでしょうか?F8g8B8h3A3(B7)a1E2f1E1d1H2(B7)h7G2h1(g3)B7f2(h5)B1(A7)a2D8a8G1(A7)h5A7g7H8G3といった手順で白2石勝になります。

2009/09/15 21:24 | [虎系]虎スマイル

HERO⑯b6の場合 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下C5b3C2の「ローズビル」に⑩d1以下ヒーロー定石>オリオンの「最善」です。A3c6B4e3B5の次を昨日と変えて⑯b6と打てば、17.D2以下f3E6a5E2a4C1f1E1b1G5a2F2h6D7まで白-1のbook。32.g1からC7とg4のWLDを経て、以下A7f6G6h7H3c8H5g3D8(H8)f7(e8)H8e8E7f8G7b8H4b7B2g8A8a1A6H2g2H1といった手順で黒2石勝になります。昨日の16.f3と違うのは17.D2以下f3E6までだけだったようです。

2009/09/14 20:12 | [虎系]ヒーロー

HERO虎>オリオンの「最善」 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下C5b3C2の「ローズビル」に⑩d1以下ヒーロー定石>オリオンの「最善」です。A3c6B4e3B5f3(b6もある)E6b6D2a5E2a4C1f1E1b1G5a2F2h6D7まで白-1のbook。32.g1からC7g4のWLDを経て、以下A7f6G6h7H3c8H5g3D8(H8)f7(e8)H8e8E7f8G7b8H4b7B2g8A8a1A6H2g2H1といった手順で黒2石勝になります。16.b6以下は明日。

2009/09/13 17:58 | [虎系]ヒーロー

#ローズ昨日まで22回分の索引 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3d2(h5もある)E7f7(ここまでbook)C1(C7も同値)h5C7a6A5(D8という解析もある)g4H4a4の後、E8f2(c8)のWLDを経て、35.E1以下c8(d8)D8f8A2c2B6h3B1(A3)d1A3a1B2a7G2(B7,B8)h2B7(B8)g1(b8)H1b8H6(A8)h7H8g7A8(G8)G8で引分け。この手順は、WLD前後の分岐も非常に多いです。以上は昨日と同じですが、ここのところ#ローズを頻繁に登場させたので、簡単な索引を付けます。⑱e2>22.d2>26.h5は9月11日に2回、同じく26.a6は9月9日10日の2回、22.h5は9月6日7日8日の3回、アシカ芸は9月5日、22.d2>26.h5をもう1回9月4日、マンボウを9月2日3日、他に7月23,24,25日もマンボウ拒否、3月6日はワイド>巨大花瓶です。昨年11月20日や11月7日や6月10日にもマンボウ、6月9日にはアシカ芸、6月6日8日はワイド、3月27日にもマンボウ、2月24日は22.d2のWOC実戦について書きました。

シャープローズ22.d2から26.h5以下の引分け 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3d2(h5もある)E7f7(ここまでbook)C1(C7も同値)h5C7a6A5(D8という解析もある)g4H4a4の後、E8f2(c8)のWLDを経て、35.E1以下c8(d8)D8f8A2c2B6h3B1(A3)d1A3a1B2a7G2(B7,B8)h2B7(B8)g1(b8)H1b8H6(A8)h7H8g7A8(G8)G8で引分け。この手順は、WLD前後の分岐も非常に多いです。

シャープローズ22.d2から26.h5以後白2石勝へ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3d2(h5もある)E7f7(ここまでbook)C1(C7も同値)h5C7a6A5g4D8(C2もある)h2(a4もある)の後E8g2のWLDを経て、35.C2以下a4H1g1(b6)H4(F8)h3H7d1(f2,b6,f8)H6f2E1b2A1(F8)b1F8b6A3a2A7c8B8g7(g8)B7a8G8h8で白2石勝。この手順は34.g2のような人間技ではないものもあり、前後の分岐も非常に多いです。

シャープローズ22.d2からWLD前後で勝敗逆転 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3d2(h5もある)E7f7(ここまでbook)C1(C7も同値)a6(h5もある)E8b6A5f2C8d8の後H5h3のWLDを経て、35.C2以下h4A4h7A7以下で黒2石勝という解析もあると昨日書きました。36.h4はa3も同値。a3A4に38.h4,h6,f8の3手が同値です。38.h4にはF8c7(またはh7)と黒2石勝の手順が多岐です。39.A7以下の手順はa2G4(F8)h6F8g7H8g8H2g2G1(C7)c7B7a8A3(B8)b8A1d1E1b1B2h1でやはり黒2石勝。22.d2以後26.a6だと、ゼブラの解析上ではどうしてもそうなるのでしょうか? WLDの2手と35.C2が突然黒+2というのも気になるところです。

シャープローズ22.d2から26.h5の「最善」 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3d2(h5もある)E7f7(ここまでbook)C1a6(h5もある)E8b6A5f2C8d8の後H5h3のWLDを経て、35.C2以下h4A4h7A7以下で黒2石勝というかいせきもあります。39.A7以下の手順はPC不調で今夜は間に合いません。

シャープローズ30.c7から引分けへ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3h5(超極微差のd2もある)E7g4F7f2(ここまでbook)C2f8H3に30.e1でなくc7と打てば、B6a6の後E8e1のWLDを経て、35.D1以下d2A3c8D8a4H4h6H7b1(c1)A5a2(g7)G7h8G8h2G1b2G2h1(b7)C1b7a1B8a8A7で引分けと示されます。シャープローズで白が勝つには22.d2しかないのでしょうか?

非マンボウ37.A4の引分け進行 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3h5(超極微差のd2もある)E7g4F7f2(ここまでbook)C2f8H3e1(c7という解析も)D1c7B6(WLD)d2(WLD)E8h4の次G1の「マンボウ定石」にはG1と同値のA3とA4があります。37.A4以下h2(c8)G1c1B1d8B7b2C8a6H6(A7)a8H1g2A5a2(a7,b8)A3(G8)a1G8(A7)a7(g7,h7)B8g7H7h8で引分けと示されます。マンボウ以外にも37.A3またはA4の引分けがあるわけです。30.c7以下の解析はB6a6A4e8H7c1B8と示されますが明日調べます。

マンボウ37.G1と同値の非マンボウA3 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2以下F1g6F3h5(超極微差のd2もある)E7g4F7f2C2f8H3e1D1c7B6(WLD)d2(WLD)E8h4の次G1の「マンボウ定石」にはG1と同値のA3とA4があります。37.A3以下h2(c8)G1b1D8c8G7h8H6h7G8a4A6a5G2h1C1(A7,B7)b2A1(B8)a2A7b7(a8)B8a8で引分けと示されます。マンボウ以外にも37.A3またはA4の引分けがあるわけです。37.A4以下は明日。

非マンボウ(アシカ芸)の白2石勝 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱a5は「非マンボウ次善」ですが、以下A4a3B6a6F7(非パラソル)g6C2までがbook。姿は「アシカ芸」。以下d2C1f2E2f1E1h5から 33.E7と34.f3のWLDを経て、C8c7G4h3H6h4H2g8F8d8E8b8B2g7H8h7A8a1G1b1(h1)A7h1(b7)A2(B2)b7G2d1の手順で白2石勝と示されます。マンボウが引分けなら白はこの進行で2石勝を狙うわけですが、勿論ゼブラには様々な誤差がありますし、この進行を記憶するのも至難の業です。

マンボウと超極微差の22.d2は白2石勝 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2はなら極微差のa5もあります。19.F1以下g6F3に、昨日の22.h5とは超極微差のd2を調べます。23.E7以下マンボウとは姿も異なり、f7C1h5C7a6A5g4D8a4までがbook。以下 33.E8と34.f2のWLDを経て、G1h2A2b6C2f8H3c8H1h4H6e1(g2,a3)D1g7H7h8B8(G8)a3G8a1A7b1B2(B7)g2B7a8の手順で白2石勝と示されます。

マンボウ定石決定版「父マンボウ」 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6d7G3でシャープローズ。⑫c4以下B4b3G5c3B5に⑱e2はなら極微差のa5もあります。19.F1以下g6F3h5E7g4F7f2までがbook。途中22.h5はd2が超極微差。27.C2以下f8H3e1D1c7と、次第にマンボウの形が作られていきます。33.B6と34.d2のWLDを経て、35.E8からh4G1c8D8までで「父マンボウ」完成。40.b1以下A4a2A3a5A6(H6)c1A1b2H6g2H1(H2,G8)h2G7h8H7g8B8a7(a8)A8b7の手順で引分けと示されます。これがシャープローズの双方「最善」であり、マンボウ定石の決定版です。明日からは22.d2などを調べてみましょう。

横兎は31.D1で以後引分け 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6に⑧g5は「横兎」です。f6に比べてやや損ながら白極微差の有利。以下E6f6G3c4B4b3B6c3までがbook。17.B5以下g4D7c2F3a4D2f2H4h5A5c7(c8も同値)から、A3c8の時D1(昨日はE1)もH6もあるとゼブラは解析しています。32.e2から33.H6と34.g6のWLDを経て、35.H7以下h2E8e7F8d8B8g7H8b1(a7,g8)C1(E1,H3)e1H3a2(b2)A1(H1)b2F1g2F7a6H1(A7)g1A7g8a8b7の手順で、これは引分けと示されます。このゼブラの手順に問題がなければ、「横兎」は双方最善なら引分けという結論です。

2009/09/02 22:36 | [兎系]横兎定石

横兎28.c7も白有利なのか? 

rabbit

F5d6C5f4E3兎定石。
⑥c6以下D3f6E6に⑧g5は「横兎」です。f6に比べてやや損ながら白極微差の有利。以下E6f6G3c4B4b3B6c3までがbook。17.B5以下g4D7c2F3a4D2f2H4h5A5c7(c8も同値)A3c8E1f1から33.H6と34.e2のWLDを経て、35.G1以下G1g6E7h3H2e8B7a8B8b2A1f7F8g7H8h7G8h1G2d1D8a7C1a2A6b1の手順で、これは白2石勝と示されます。明日もこの「横兎」を調べてみましょう。

2009/09/01 22:58 | [兎系]横兎定石
定石分類
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。