オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

燕7.B6も32.g4以下ゼロ進行 

猫系燕素燕定石=F5d6C4g5C6。⑥c5にはF6f4E6f7の「燕御用」やD7d3B4c3の「燕白髪」がゼブラのゼロ進行とされていますが、7.B6も調べてみました。双方最善で白+0.69という評価が32.g4まで続きます。⑧c3以下E3b5F6(ほぼ同評価のA6は明日)f4D7f7G6c7F3h5E6e8C8d3F8e7D8a6B4a3B3c2C1g4。35.E2と36.f2はWLD。37.H6以下d1E1d2H4(H3)g7(h3)G3f1G1(H8)h7A4b7H8g8A7a5(a8)B2b1A2h1G2a8B8a1H2h3で引分け。 9.E3までを仮に「カシオペア」と名付けます。

スポンサーサイト
2009/12/28 15:54 | [猫系]燕定石

♭ローズ最善進行は引分けと言うゼブラ 

rabbit

F5d6C5f4E3兎系兎素兎定石。
⑥f6以下D3f6E6d7G4の♭ローズは⑫c4以下G5c3F7d2E7f2E2f3C8g3F1f8D8h6H5g8C1h4C2g7まで32手がbookとされ、白2石有利のはずですが、ゼブラ自身がこの後双方最善で引分けの結論を出します。33.B5と34.b6はWLDですが、35.C7以下e8B4g6H2b1H8h7H3d1A5a4A3e1A1g1H1b2B3g2a6A7a2B7a8B8引分けとは驚きです。しかもゼロ進行の分岐がWLD以後に全くありません。♭ローズで黒白どちらかが勝つには双方最善に打ってはいけないのでしょうかね。

2009/12/26 22:14 | [兎系]フラットローズ

兎系兎素鷺定石の中盤の不思議 

F5d6C5f4D7兎系兎素鷺定石。
ゼブラの示す序盤の最善は⑥f6以下D3c3E3f3G4g5E6g6G3c4と進み、以下明日更新

2009/12/24 23:43 | [その他]未分類

Gent予選5回戦黒バルレ・末國九段棋譜は引分け 

虎

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。WOC2009Gent予選5回戦黒バルレ31-33末國九段。⑥f4以下C5b3C2e6C6b4B5の金魚から⑭d2に15.F7はE3やA3より損ですが、黒の趣向でしょう。⑯c7に17.B6もF3に極微差の損。⑱a6に19.C8もE3よりやや損。⑳c1はa7が何と「最善」で、e7,d7ならプラスでもc1,d1はマイナスというゼブラ評価ですから、ここまでがバルレの研究範囲だったのか偶然かは不明。21.F3に22.e7はa7に比べてやや損。23.E3以下f6に25.G6はE8やA5に劣るものの互角。以下は盤面クリックでお楽しみください。返し忘れなどがあったのか、公式結果は白2石勝です。

2009/12/22 22:02 | [虎系]金魚

闘牛に野イチゴで来たキュピアル 

牛系北牛素闘牛定石=F5f6E6f4G5。Gent予選9回戦黒滝沢九段33-31白キュピアル。⑥e7に7.F7はE3の「裏コウモリ」より僅かに損でもよく打たれます。⑧d6の「野イチゴ」に9.D8もC5,D7,F3,C3のどれにも僅差で劣るとされている趣向。⑩h6にC6g6とキュピアルの応手は正確。13.H4はC4に極微差。⑭g4はh5H7f8という進行よりやや損。15.H3以下f8E3に⑱f3はc7に極微差。19.G3もH5に極微差。⑳e8から21.D7に22.c8もf2に極微差。23.H5からh2C5に26.c3はd2よりやや損。27.C4に28.f2もd2より僅かながら損。29.G8はE2よりやや損でも有利と見た勝負手。30.h8はd2よりやや損。31.H7以下g7に33.G1はH1が得か同様か不明。G1,b6の2手はWLD。35.B5は6石勝ちだがH1なら8石差。36.a5がe2より2石損。C2b7の次の39.C7がH1よりも10石損という、負ければ敗着。40.e2やd2,d3は皆4石損でb8なら白2石勝とはおそろしい。41.A8もD3に2石、42.b8もg2またはa6に4石劣るとのこと。43.H1から44.g2で、45.D1の2石損にもかかわらず黒の負けはなし。以下d2C1d3B4b3A6a7A3b1A4a2F1b2A1e1と双方最善。

2009/12/20 20:15 | [牛系]闘牛定石

ボラッシの「白十字」 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下F6に⑧b4の「カン」定石。Gent予選3回戦黒滝沢雅樹九段vs白ボラッシ2008世界チャンピオン。「カン」はQuangという古いプレーヤーが得意にしていた手のようで、g5はそれを嫌って打ち出されたので「ノーカン」と呼ばれたようです。「白十字」と名付けたのは私です。9.F3以下e6E3の後の⑫f2がボラッシの用意した手のようで、以下d2G5g6G4h4H5h6G3f1とbookの進行。22.c1はc2よりやや損で、23.D1以下c2C5c6に27.B3はB5よりやや損。28.e2でほぼ互角になりました。29.A5はE7よりもかなりの損。30.f7に続き31.E1がまたE8より損で、32.g1では白4石以上の優勢です。33.H3,34.a3のWLDから35.F8の後36.g7が8石勝を無にした悪手。37.E7,38.g8,39.D7の後、54.a2の8石損以外は双方微細なミスがあっても勝敗には関せず、b1H8a4B6e8B5h7D8b2G2c8C7a7A1a2A6b7B8h1H2A8の手順で終局、黒12石勝でした。

2009/12/18 20:45 | [虎系]カン定石

絵はイルカで代用のバッファローGent予選 

牛系北牛素猛牛定石=F5f6E6f4C3。Gent予選6回戦黒ボラッシ32-32白ベルク。⑥d6はd7よりやや損でもよく打たれます。7.F3にc5はc4に僅差で劣るとされていても互角。9.G4に⑩h3もg3に極微差。11.H5がC6に比べ大損でした。ボラッシがC6と打てば普通ということを知らないはずもなく、うっかりの可能性もあります。しかし断言はできません。白ベルクは⑫g3以下C6c4D7e7B5e3C7d8F8e8C8h4B3まで10石前後の優位を維持します。 しかし互いに未知の大海を行く進行だったでしょう。26.b4はh6に比べてかなりの損でしたが、白まだややリード。27.G6をD3なら接戦でしたが黒逸機。28.a6に29.A4はf7も僅差の好手だったようです。30.a5もc2やd2にかなり劣るとはいえ、まだ白極微差のリード。31.A7以下a2C2b6D3の後、36.c1はd2の4石勝を逃した手で、37.D2以外のこの後の38.d1以下H2g7H8が、どれも皆勝敗に関わる疑問手だったらしいです。38.d1はg5なら引分け、39.H2はF7なら4石勝、40.g7もh7なら4石勝、41.H8はG5なら2石勝とはおそろしい。42.g5,43.F7の次44.h6もh7なら引分け。45H7,46.g2に続いてH1g8B7の3手も黒はE2での2石勝を逃し、白はf2での4石勝を逃したそうです。50.e2以下¥F2g1E1f1B1b2A1a3a8B8の最終盤11手は双方最善でした。昨年優勝のボラッシと3位ベルクのこの大接戦は、序盤白が大きくリードを保っただけに驚きでした。

2009/12/17 21:16 | [牛系]猛牛定石

飛行機定石の対称形連続 

牛系F5f6E6。北牛素F5f6E6f4。牛定石=F5f6E6f4E3。⑥c5以下C4e7に9.G4はC6(快速船へ)にもB6にもB5(ヨット)にも僅差で劣ります。しかしこの飛行機定石は今もよく打たれます。⑩f3以下G3d3D6c3G5で「本塁」。⑭e2「独楽(こま)」はg6に僅差で劣りますが、15.G6に⑯c6で「糸巻き」と対称形が続き、まるで航空安全を絵にしたようです 。

2009/12/15 19:14 | [牛系]飛行機

Gent棋譜WOCのHP復活 

チキン

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下C5b3C2e3の酉定石は11.D2からc6B4がいわゆる「最善」ですが、⑫c6をb6に打つ「くらげ」もあります。白が-0.3の手を打って、最後+4というゼブラの揺れが面白いです。WOCのHPが復活しましたので、あらためてGent予選4回戦黒末國vsキュピアルの棋譜を掲げます。

2009/12/14 18:23 | [その他]未分類

クラゲは白が極微差のマイナスを打って勝つ 

チキン

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。⑥f4以下C5b3C2e3の酉定石は11.D2からc6B4がいわゆる「最善」ですが、⑫c6をb6に打つ「くらげ」もあります。白が-0.3の手を打って、最後+4というゼブラの揺れが面白いです。F5D6C3D3C4F4C5b2c3e3D2b6B4e6C6b5D7f7F2f3F6e7G4c8C7d8A3a5E2c1A4a2A7g6H6g3G5h4F8e8B8f1H5d1E1b2A1b1A6h7H2h3H8g8G7b7G2g1H1a8

2009/12/13 21:39 | [虎系]酉定石とクラゲ

兎、野兎、牛系の有力5手目も多い 

rabbit
兎系F5d6C5
 兎素f4+1 から 兎E3-1, 馬D3-3, 鹿F3-4

  野兎系F5d6C6
 野兎素f4+4 から 野兎E6-4

  牛系F5f6E6
牛北素f4+0 から 牛E3+0, 闘牛G5+0, 蛇G6-1, 猛牛C3-1,
内狸F3-3, 雁G3-3, 内蛇D3-3, 外狸G4-4
   牛南素d6+0 から 牛C5+0, 闘牛E7+0, 蛇F7-1, 猛牛C3-1,
内狸C6-3, 雁C7-3, 内蛇C4-3, 外狸D7-4
2009/12/11 20:28 | [その他]未分類

虎系、猫系だけでもこんなにある有力5手目 

虎系F5d6C3
 虎素d3+0 から 虎C4+0, ザリガニC5-4, 海老C6-4
 犬素f3-4 から 犬D3+4, プードルF4+2, 蟹E3+0
 竜素f4-2 から 竜F6+2, 猿E6+0, 大杯F3+0
簪素g5-4 から 簪C6+4, 鷹F6+1, 滑り台G6+0
猫系F5d6C4
 蝮素b3-3 から 蝮B4+3, キャップC6+1, 吊輪C7+1, 抱っこD7+1
 猫素d3+0 から 虎C4+0, 羊-4, 猫-4
 杓素f3-4 から 杓F4+4, フラッシュE3+0
 河馬素f4-3 から 河馬C5+3
 燕素g5+0 から 燕C6+0, ラッコF6-0, オオトリG6-4
2009/12/10 23:12 | [その他]未分類

Gent予選12回戦末國OkamotoFJT 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権での予選12回戦黒岡本一樹君vs末國誠九段⑥f4以下C5b3C2b4のfjt定石は11.E3からe6C6までを「みこし定石」と名付け、⑭g4からF6b6G6の「大御輿」となって、⑱g5以下F3までゼブラの「最善引分け」進行。⑳f2とd7より4石損の変化でした。岡本君の「正着」21.E2までを掲げます。今夜から世界オセロ連盟のHPがサーバーの都合とやらで開かず、しばらく様子を見るしかありません。

2009/12/09 23:08 | [その他]未分類

GentWOC No-Qung 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権での予選12位までの選手どうしによる⑥f4以下F6g5のノーカン定石は、決勝トーナメントの3局を加えて9局ありました。
ただしノーカンからE6d7E3c5F3e7B6g4という「最善進行」のボンド定石(下の盤面)は一つも登場しません。
11.E6が3局、11.E3が3局、11.C6が2局、11.F3が1局です。
11回戦 ベルク 27-37 末國誠 E6c5F3g3E3b4B6b5G4c2H4d2C7
13回戦 ニッキー 28-36 末國誠 E6c5F3b5E3g4H4h5H6g3G6e7B4
準決1ベルク 39-25末國誠 E6f7D7c5G3b5E3g4B3c7F3d8C8
08回戦 高梨悠 33-31キュピァル E3f3G4h3E6g3G6f7H5h4H2h6H7
10回戦 高梨悠 26-38ベルク  E3f3G4h3E6g3G6f7H5h4H2c5H6
13回戦 ベルク 46-18 岡本一 E3上f3G4e2D2h3F1g3H6g6E6f7F2
準決2末國誠 50-14 ベルク C6e3D7d8E2d2E1c1C2b6G6f3H5
準決3末國誠 31-33 ベルク C6e3D7b4C5b5D2e6F2b6E7g6G3
13回戦 フェルドボグ 26-38 キュピァル F3e3E6c5G4b5G6e7E2c2D2d1B4

2009/12/08 18:10 | [虎系]ノーカン

Gent予選13回戦末國vsNicky 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選13回戦黒末國誠九段対白ニッキー 。⑥f4以下F6g5のノーカンに9.E6(黒鳥)以下d7E3c5F3e7B6g4の「最善進行」ならボンド定石。⑩c5以下F3b5に13.E3はB4と極微差の変化。⑭g4以下H4h5H6g3G6e7に21.B4はd8と極微差。22.F7以下a6F2d2E2h3A3b2と多分両者経験済みの進行でしょう。31.B6はD1よりかなり損。32.c6にD1,e1のWLDを経て、35.F1c2に、37.A1は敗着で、D7に打てば引分けとゼブラ。38.a2以下は手順と石損のみ示します。D7a5A4(2石損)c7B8(2石損)c8D8f8B7a8A7e8G7g8B1c1h8H7h2G2g1H1。8石差の負けですが、末國誠九段の決勝トーナメント進出は対戦前に決まっていました。

2009/12/07 22:00 | [虎系]ノーカン

Gent予選13回戦岡本君決勝T進出を逃す 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選13回戦黒マシアス・ベルク対白岡本一樹君 。⑥f4以下F6g5のノーカンにE3も再三登場しました。⑩f3以下G4にe2はh3と極微差の変化。13.D2以下h3に15.F1はE6よりやや損。⑯g3以下H6g6E6に⑳f7はc5に極微差の損。21.F2はC7に極微差の損。22.c5に23.H4はC7に比べてかなりの損。24.e7以下C7h5H2に28.c1もc6よりやや損。29.E1はC6に比べてかなり損。30.d7もc6よりやや損。31.H7以下b4に33.A4はF8に、34.d1はg2に、35.C2もD8に打てば勝つというゼブラ。36.g1,37.B5の次38.a6はg7で引分け、39.B3はB6で2石勝だそうです。40.b6,41.C8の後、42.b1はd8なら引分け、43.D8はE8なら2石勝、44.e8はa5なら4石勝とのこと。45.A5以下は手順と石損のみ示します。46.c6(12石損)B7g7(4石損)A7g2(8石損)H1a2F8h8G8b8A1B2A3A8。惜しくも岡本君決勝トーナメント進出を逃しました。

2009/12/06 21:17 | [虎系]ノーカン

Gent予選11回戦黒ベルク対末國ノーカン 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選8回戦黒M.ベルク対白末國九段 。⑥f4以下F6g5E6(黒鳥)に⑩c5はd7やf7に比べて極微差の損を承知での変化。11.F3に⑫g3はb5よりやや損。13.E3以下b4B6b5G4c2に19.H4H3よりやや損。⑳d2もe7よりかなり損。21.C7以下は手順と石損のみ示します。e7E8h5H3d7G6h2C1e1A4b3C8b7B1(6石損)f2E2(2石損)f1C6g2D1a1(4石損)A3(6石損)a2(2石損)B2a5(2石損)A8h6(2石損)F7b8H1g1H7d8G7h8G8f8A7a6。ベルク選手は準決勝の対末國九段第1局をこの9.E6黒鳥の次⑩c5をf7に変えて勝ち、2,3局はノーカンから9.C6の形を打ち合って白が勝ちました。 ノーカンをめぐる変化の応酬はGentWOCの見所でしょう。

2009/12/05 19:38 | [虎系]ノーカン

Gent予選8回戦滝沢・末國 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権予選8回戦黒滝沢九段対白末國九段 。⑥f4以下C5b3C2b4E3e6に13.B6はC6に比べて4石ほどの損を承知での変化。⑭c6以下B5に⑯a4もf6より2石ほど損。17.F7以下f6に19.D7も⑳e8も僅差の損。21.C7以下f8G3c8に25.D8がG5に比べて大損。26.e8以下A6d2B7に30.f2がg4に僅差の損。31.D1に32.g4もf3に僅差の損。33.E1,34a8のWLDを経て35.B8に36.a7はg1より2 石損。以下手順のみ掲載します。盤面でお楽しみください。

2009/12/04 14:01 | [虎系]みこし直前変化

燕白髪で末國vs 

猫系燕素(=F5d6C4g5)燕定石=F5d6C4g5C6。GentWOC3,4位戦黒滝沢雅樹'85,'94年世界選手権者vs末國誠'97年世界選手権者。⑥c5以下D7d3に9.B5はB4に僅差の変化。⑩c3以下E3b4に13.E2もF4に僅差。⑭d2以下F3a6F4e6G6の「最善」に⑳f6はf1よりやや損で形勢互角。21.F7はE7よりかなり損、22.f1に23.E7はc1に極微差。24.b6もf2よりやや損。25.A5はA3に比べてかなり損。ここまでで差は10石以上に開きました。26.a4に27.C2はG4に極微差の損。28.f2以下C1d1B3g3H5g4E1に36.b1が4石損でもまだ白14石勝の優勢でした。37.H4以下a3H3c7B8g2B2に44.e8はc8より4石損、45.c8にf8もd8より6石損。47.B7以下h2H1に50.g1がa1なら4石の優位を無にする損。51.D8以下a8A7に54.g7が負ければ敗着。55.H8がお返しの敗着。56.g8以下A1a2H7h6で黒2石勝でした。

2009/12/03 17:01 | [猫系]燕定石

Gent予選10回戦では黒高梨がベルクのノーカンに敗北 

F5d6C3d3C4=虎系虎素虎定石。2009世界選手権準決勝10回戦黒高梨君対白M.ベルク 。8回戦でもキュピアル(白)のノーカンに対して、この対局の19.H2まで同じに打った高梨君の黒に、ベルクはキュピアルのh6「最善」に極微差の⑳c5と変えて打ちました。21.H6に22.e7以下E2d2の後、25.C1はe1よりやや損。26.f1もb4やf2に僅差の損。27.D1の次c2の時29.B1はB3やB6よりやや損。白の長方形は珍しいけれど、ここまで両者ほぼ互角。23.A6はC7に比べてかなりの損。30.g2の勝負手に31.B3はD7やB5,B6,C7などに比べてかなりの損。32.e1にB4a1のWLDを経て35.B6以下b2C6d7C7に40.g7もa2に比べ10石損で差は4石と急接近。しかし41.H1がC8より4石損でした。42.a2に43.b5とA3より2石損。44.a3に45.A4の後、46.a5と48.f8で計4石損の白に対し、47.D8は6石という決定的な損で、以下49.A6以下a7H8h7B7f2G1a8B8c8E8g8と終局まで最善でした。

2009/12/02 21:52 | [虎系]ノーカン
定石分類
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。