オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

 


野兎系(=F5d6C6)にも烏定石があって、④b6は確かにf4に比べて大損ですが、5.C3,D3,C4のどれもが僅差の応手。中でD3は「最善」ですから数ある烏定石の中でも重要です。「烏南平」という名は既述の兎系の二つの烏定石とともにからすの頭部が南(a8側)で、白石の位置でb4を上、b6を下としたため、この野兎系はb6c6d6の三つ並びを「平」としたものです。
⑥f4は自然。7.F6もE6よりやや勝る手。⑧f3はc4も同等というゼブラ評価です。⑧f3ならE3c4C3e6、⑧c4ならE3f3C3e6で手順前後の同型になります。13.G5以下d2B4e2C5といった進行で黒やや有利とはいえ、僅差とも言えます。

スポンサーサイト
2008/06/05 20:35 | [野兎系]烏定石
定石分類
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。