オセロ定石を絵で

オセロの定石を絵で表現しています
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

Gent予選7回戦黒高梨蛇vs滝沢 

牛系北牛素蛇定石=F5f6E6f4G6。Gent2009WOC予選7回戦黒高梨悠介君vs白滝沢雅樹九段。⑥c5以下G4g5の「最善」進行から9.F3はH4に比べてやや損な変化。両者蛇定石にも明るいのを承知の選択でしょう。て⑩e3以下C4までがbook。⑫g3(今名付けた蛇瓶)以下H5f7はゼブラがbookに入れていないのが不思議な「最善」。15.H3はE7に比べてやや損というゼブラの解析ですが超極微差。⑯h4以下E2e7に19.H6はD6よりやや損とはいえ互角なのは20.f2をg7に打つ手があるからですが、黒にD7と打たせてからの22.g7はd6に極微差の損。23.D2に24.d6はd3がやや勝る。25.C7もD3が勝る。白26.そのd3。27.C6に28.b3はe1のほうがよく、29.B4に30.c3はc1がよいというゼブラの根拠は不明。31.C2に32.e1はc8がやや勝るとのこと。33.A3をゼブラは大損の敗着。H8で黒2石勝と解析されている。34.c8の次35.H8はD1やD8に比べて更に損。36.h7も当然に見えて実はg8より損。終局までは42.a4がb1に、47.G1がF1にそれぞれ2石劣るものの勝負には無関係。

スポンサーサイト
2009/11/17 20:19 | [牛系]蛇定石
定石分類
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
Flashリバーシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。